【2022年9月】アルトコイン(オルトコイン)のおすすめ銘柄ランキング!将来上がる通貨は?

今回は今年注目のアルトコイン(オルトコイン)についてまとめていきます。

これからの将来性が期待できる通貨をわかりやすく解説をしていきますので、これからアルトコインへの投資を検討している方は是非最後まで読んでみてください。

これからアルトコインへの投資をしたいという方はCoincheck(コインチェック)が最適な取引所です。

19種類の仮想通貨を取り扱っていますし、少額からでも取引をすることができます。

どんどん新しい通貨が追加されるので、これから仮想通貨取引を始めるという方には最適な取引所です。

まだ口座を持っていないという方は、是非コインチェックの公式サイトへアクセスしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

アルトコインとは?

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨を総称で、「Alternative coin」を略したものです。

ビットコインが誕生した後に続々と作られたため、スケーラビリティ問題や、送金手数料の高騰などの、ビットコインの問題点を改善した仮想通貨が多いです。

アルトコインはプラットフォームを持つ別の仮想通貨から自由にトークンを作り出すことができるため、今では2,000種類以上もあります。

アルトコインは数が多いですが頻繁に取引されているのはそのうちのわずか100通貨程度だと言われています。

またアルトコインの中でも時価総額が低い通貨を「草コイン」と呼ぶこともあります。

 

アルトコインに投資をするメリット

それでは次にビットコインではなくアルトコインに投資をするメリットを解説していきます。

これからアルトコイン投資をしたい方は、こちらのメリットを確認してみてください。

ビットコイン投資よりも大きな利益を狙える場合がある

アルトコインは、全体的に1単位の価格が安いので、多くの通貨量を購入することができます。

また、1日に20%や30%動く通貨もありますので、低い価格で大量に購入することでビットコインよりも大きな値上がり益を期待することが可能です。

ビットコインも2009年に誕生したときはほとんど価値がありませんでしたが、価格が上がり続け、現在では1BTCあたり約280万円(2022年9月)もの価値があります。

ビットコインのように一定に価格が高くならないものの、一気に爆上がりして、俗に言う「億り人」を誕生させたコインがいくつもあります。

 

SHIBA INU(柴犬コイン)

こちらはSHIBA INU(柴犬コイン)と言われる仮想通貨ですが、2021年9月~10月にかけて急激に上昇を記録しました。

柴犬コインは通称ミームとも呼ばれており、急激な価格変動を引き起こす事は珍しくありません。

ミームとは?

人から人へ派生していく文化やアイディアを指す言葉。
仮想通貨の世界では、国際送金などの社会問題を解決する目的ではない事から、サブカルチャー的な要素を表すネタ通貨とも言われる。

あわせて読みたい

1年で100万倍!柴犬コイン(SHIBAINU/SHIB)とは?購入方法や将来性を徹底解説【仮想通貨】

 

SOL(ソラナ)

SOL(ソル)という仮想通貨は、2021年に約100倍もの高騰を見せました。

SOLはSolanaブロックチェーン上で扱われる基軸通貨です。

Solanaは、ブロックチェーンアプリケーションを、高い性能によって支えることを目的としたブロックチェーンプラットフォームという特徴があります。

このように、ミームのようなネタ通貨だけでなく、問題提起を目的とした健全な銘柄でも急騰するケースもあり、大きな利益が見込めるのです

特にアルトコインはビットコインのように1コイン数百万円ではなく、1単位あたり1円以下の通貨がありますので、少しの資金で多くの枚数が購入できます。

将来性があり、価格がまだ低いアルトコインに投資をして、そのコインの価格が上がれば、大きな利益を得られる可能性が十分あるのです。

 

特徴のあるコインが多い

アルトコインはコイン1つ1つに特徴が多く、ビットコインにはない技術を持っているものが数多くあります。

その性能が国や企業に注目されて採用されると、価格が高騰する可能性があります。

企業のシステムに使われるものや、国際送金を円滑に行うものなど、それぞれの仮想通貨によって目的は様々です。

例えば、イーサリアムは分散型アプリケーションのプラットフォームとして注目が集まっており、DeFiの人気とともにイーサリアムの価格も向上していきました。

 

開発速度が速い

アルトコインは開発速度が速いという特徴があります。

仮想通貨として最初に誕生したのはビットコインですが、それを皮切りにして現在に至るまで様々なアルトコイン誕生してきました。

数あるアルトコインは、ビットコインを例に明確な目的を持って開発されたものが多く、すでに企業からの多額の融資受けている事やプロジェクトを立ち上げてから開発されているケースが多いです。

そのため、新しい技術が次々と開発されていきます。

SOLを例に見ても、2020年4月にローンチされたにも関わらず、多くの有名どころとプロジェクトを進めて、エコシステム拡大・需要拡大を図っており、時価総額ランキングも6位に入るなど短期間で大きな成長をしているのです。

開発処理速度が速い結果、充実したプロダクトを生み出す可能性があり、当初は知名度の低かった銘柄でもすぐに浸透する傾向にあります。

 

今後伸びるアルトコインの特徴

それでは次に将来伸びる可能性があるアルトコインの特徴を解説します。

投資するか悩んでいる方は、こちらの特徴を確認してみてください。

今後のビジョンを明確にしている

今後伸びるアルトコインの特徴として、今後のビジョンをはっきりとしているものが挙げられます。

コインによっては、プロジェクトの内容が不透明だったり、開発が全く進んでいないことがあります。

また、開発を進める気はあっても技術的に難しく諦めてしまうものもあります。

今後のビジョンをはっきりとさせていて、なおかつプロジェクトが進んでることを前提に、性能が高く、需要が見込める通貨に投資するのが一番おすすめです。

 

性能がさまざまな分野で注目されている

アルトコインの技術の中でも、スマートコントラクト(自動契約機能)やブロックチェーンの性能の高さは、世界的に注目されており、様々な分野で採用されたり、サービスが提携されています。

仮想通貨バブルのときに爆上がりした、Vergeも、スマートコントラクトが実装される可能性から、将来性を見込まれて価格が上昇しました。

このように性能が高いアルトコインは価格が上昇する可能性が見込めるでしょう。

 

開発が進んでいる

アルトコインの中には公式サイトやSNSで開発の進捗を公開しているものがあります。

現在の開発の状況をしっかりとユーザーに明確にすることで、そのアルトコインはユーザーから安全なものと認識され、取引量も増えます。

アルトコインの中には開発が全く進んでいないコインもありますので、開発の進捗を公開しているとより安心して取引ができるでしょう。

 

開発メンバーが特定されている

今後伸びるアルトコインに投資をする際は、開発メンバーが特定されているものを選ぶ事が重要となります。

開発メンバーが特定されておらず、匿名で運営されているものは、詐欺の温床となりやすいので注意しなくてはいけません。

仮想通貨は投資商品という認識を持つ方が多い傾向にあります。

多くの方が通貨やプロジェクトの将来性に期待をして投資しているので、開発がおろそかになると多くの批判を受ける事でしょう。

顔出しをしている開発者であれば迂闊な事ができないため、開発もしっかりと行われる傾向にあるのです。

また、開発メンバーが知名度のある人物や実績豊富なグループであれば、将来性への期待から通貨へ買いが集中して上昇しやすくなります。

 

【2022年最新】アルトコインのおすすめランキング・一覧

それでは2022年注目されているアルトコインを一気に紹介します。

いち早く取引したいアルトコインを決めたいという方はこちらを参考にしてみてください。

イーサリアム(ETH)

通貨名 イーサリアム(ETH)
現在レート(1通貨) ¥193,275
時価総額(2022年9月) ¥23,327,384,159,313
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
公式ホームページ https://ethereum.org/ja/
レートは9月27日時点の値を参照

イーサリアム(ETH)は2022年9月現在時価総額2位のアルトコインになります。

ただし、イーサリアムは元々ブロックチェーンを使って、スマートコントラクトやDapps開発など様々なことができるプラットフォームです。

このプラットフォーム上で使われる通貨のことをETH(イーサ)と称して、取引所で取引がされています。

イーサリアムの特徴

  • スマートコントラクトの機能が採用されている
  • dAppsの開発プラットフォームとしての有効性
  • イーサリアム企業連合に500以上もの団体が加盟

イーサリアムはスマートコントラクトの機能と分散型アプリケーション(dApps)の開発プラットフォームとして注目されています。

実用面において様々な分野活用できるプラットフォームのため、各国や企業から注目されており、イーサリアム企業連合には500以上も加盟しています。

過去の価格動向を調べてみると急激に価格が伸びているということがわかります。

これはイーサリアムを利用したDefiの需要が伸びているため、それに活用されているイーサリアムの価格が急激に伸びていると想定できます。

ポイント

2022年9月現在価格は減少傾向にありますが、今年の発展に期待がかかっているアルトコイン

ビットコインのマイニングでは大量の電力消費をする事が問題となっていますが、イーサリアムはビットコインの1割ほどの電力消費しない点も評価されています。

イーサリアム財団のCarl Beekhuizen氏はブログにて、イーサリアムの電力消費を99%以上削減する仕組みへの移行を発表しています。

また、2022年現在は大型アップデートのThe Mergeが実装されており、今後の需要増が期待されている通貨です。

今後も価格が上昇し続けることは十分に考えられるアルトコインなので是非取引を検討してみてください。

» コインチェックの公式サイト

あわせて読みたい記事

【超簡単】コインチェックでイーサリアムを買う方法【送金する方法も解説】

 

エンジンコイン(ENJ)

通貨名 Enjin Coin(ENJ)
現在レート(1通貨) ¥68.67
時価総額(2022年9月) ¥68,640,408,357
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
公式ホームページ https://enjin.io/
レートは9月27日時点の値を参照

エンジンコインはEnjinというオンラインゲームのプラットフォームでの売買に利用できるコインです。

通常オンラインゲームでの売買は、同じオンラインゲームでしかできませんが、Enjinでは異なるゲームで売買をすることができます。

Enjinは新しいトークンを作り出して、その作り出されたトークンをまとめて管理できるのです。

さらにMicrosoftの技術者向けの報酬システムにEnjinのブロックチェーンが採用されるなど、Enjinの技術が採用される機会が増えており、これに伴いエンジンコインの価格も上昇しています。

このようにEnjinやエンジンコインが採用されれば価格は上昇するでしょう。

次にエンジンコインの価格動向について詳しく見ていきます。

エンジンコインは2021年1月にコインチェックに上場され、一気に価格が成長したアルトコインです。

チャートを確認すると分かるとおり2倍、1.5倍と急激な価格上昇を記録しています。

また、3月に更なる上昇を見せましたが、2022年に入ってからは仮想通貨全体での下落により2022年9月27日現在では¥68程度になっています。

ポイント

コインチェックの上場によって大幅な価格上昇を実現

コインチェックに上場されたということは、安全性が確認され将来性への期待が高いという意味ですので今後の成長が楽しみですね。

人気のゲームがEnjin Platformで開発されれば、さらにエンジンコインでの上昇にも期待が持てるでしょう。

国内取引所での上場も進めばさらなる上昇が見込めるので、これからENJに注目する方は是非取引してみてください。

» コインチェックの公式サイト

あわせて読みたい

エンジンコイン(ENJ)とは?今後の見通し・予想や将来性を詳しく解説

 

オーエムジー(OMG)

通貨名 オーエムジー(OMG)
現在レート(1通貨) ¥259
時価総額(2022年9月) ¥36,295,872,454
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
bitbank
公式ホームページ https://omg.network/
レートは9月27日時点の値を参照

OMGは、香港の仮想通貨投資会社であるGBVが買収した「OMG Network」のネイティブトークンです。

東南アジアに本拠地を持ち、銀行口座を持てない方でも簡単にアクセスできる金融サービスとして立ち上げられました。

イーサリアムを基盤として開発されており、低コストで高速のサービスを目指している注目のプロジェクトです。

現在、OMGネットワークの子チェーンは、PoA(プルーフオブオーソリティ)によって保護されていますが、最終的にはPOSモデルに移動される予定とされています。

その結果、ステーキングが可能となり、トランザクションによる報酬が受けられるようになると言われているのです。

2021年4月には、国内取引所コインチェックへの上場により価格が一気に上昇をしました。

その後は比較的落ち着いた値動きで推移していましたが、他の仮想通貨の上昇と連動、さらにBOBA(ボバ)トークンという仮想通貨がOMG保有者にエア・ドロップされると発表されたことにより急騰を見せました。

2021年11月には、国内取引所では珍しくコインチェックでもエアドロップが行われ大きな話題を生んでいます。

OMGはコインチェックで扱っているので、取引を検討している方はコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

メイカー(MKR)

通貨名 メイカー (MKR)
現在レート(1通貨) ¥109,077
時価総額(2022年9月) ¥98,354,805,223
購入可能な取引所 bitFlyer
bitbank
公式ホームページ https://makerdao.com/ja/
レートは9月27日時点の値を参照

メイカー(MKR)は、ステーブルコインのDAIの発行を行うプラットフォームの総称、MKR通貨を指す言葉です。

メイカーの保有者は仮想通貨を担保にしてDAIの発行ができます。

担保にできる通貨の一例

ETH
WBT
CLINK
UNI
MATIC
YFI

上記の豊富な通貨を担保としてDAIが発行できる仕組みです。

また、分散型のガバナンスを採用している面も特徴で、分散型のステーブルコインとしては高いシェア率を誇ります。

ゲーム関連やDeFiといった様々なプロジェクトやサービスで導入されており、高い将来性にも期待されています。

ポイント

分散型のステーブルコインとして高いシェア率をもっているMakerのDAIのポジションを考慮すると、今後もDAIを利用するサービスは増えていくと考えられている

2020年後半から2021年5月にかけて、仮想通貨市場全体の上昇との連動で急騰しました。

現在に至るまでは落ち着きを見せていますが、DeFi市場の将来性から今後の上昇にも期待されています。

メイカーは国内取引所である、bitFlyerで取引可能です。

» ビットフライヤーの公式サイト

 

アトム/コスモス(ATOM)

通貨名 アトム(ATOM)
現在レート(1通貨) ¥2,061
時価総額(2022年9月) ¥603,992,318,042
購入可能な取引所 GMOコイン
公式ホームページ https://cosmos.network/
レートは9月27日時点の値を参照

アトム(ATOM)は、Cosmosというブロックチェーン上で取引される仮想通貨です。

Cosmosは「インターネット・オブ・ブロックチェーン」を掲げているプロジェクトで、誰でも簡単にブロックチェーンの開発や利用ができる世界を目指しています。

ポイント

昨今のブロックチェーン市場の浸透・拡大による注目度の高いプロジェクト

ブロックチェーンは利用者が多いと処理遅延や手数料が高騰するという難題がありました。

ATOMを使用するCosmosは、ブロックチェーン同士を繋いで相互運用しサーバーへの負荷を下げることが可能で、スケーラビリティ問題を解決できます。

また、複雑で難解と考えられていたブロックチェーンの技術を広く一般的に公開しており、ブロックチェーンを導入したい企業などから注目を集めているのです。

仮想通貨全体の上昇と連動して、ATOMも堅調に価格を伸ばしていました。

2022年は仮想通貨市場全体で下落が続いていますが、ATOMも連動して現在は大きく価格が落ち込んでいる状況です

アトムはGMOコインで扱っているので、取引を検討している方はGMOコイン公式サイトをチェックしてみてください。

» GMOコインの公式サイト

 

ベーシックアテンショントークン(BAT)

通貨名 Basic Attention Token
(ベーシックアテンショントークン)
現在レート(1通貨) ¥44.60
時価総額(2022年9月) ¥66,679,969,792
購入可能な取引所 Coincheck
bitFlyer
Huobi Japan
公式ホームページ https://basicattentiontoken.org/ja/
レートは9月27日時点の値を参照

ベーシックアテンショントークンは、2017年5月に誕生した仮想通貨です。

braveというWEBブラウザで使われる仮想通貨で、ユーザーやメディア、広告主などの課題を解決するために生まれました。

braveでは広告の閲覧・ユーザーの情報提供などを、ユーザー自身でコントロールすることができます。

また、braveでユーザーが特定の広告見る事でBATの獲得と利用が可能です。

braveの特徴

  • 広告を自動で削除してくれるので、ネットがスムーズに作動する
  • 選択した広告を閲覧によりトークンの獲得ができる
  • 獲得したトークンを投げ銭などに利用可能

braveの広告などを見て獲得したトークンは、Youtubeやeスポーツなどの投げ銭に利用できます。

また、個人間での送金もできるので、キャッシュを使うことなく贈与もできる仕組みです。

あわせて読みたい

【稼げるブラウザBrave】仮想通貨BATの貯め方と換金方法

仮想通貨にはプロジェクトの内容が明確でないものが多いですが、BATは最初から決まった目的のために開発された通貨と言えるでしょう。

BATは、2021年11月に高値を付けて以来下落傾向にあります。

価格変動が急変動を起こしやすいという特徴があり、少額でも大きな利益を狙うのに適した通貨と言えるでしょう。

騰落率の高さから、安値で保有して高値更新を待てば短期でも充分な利益が見込めるコインと言われています。

BATはコインチェックで扱っているので、取引を検討している方はぜひコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

リップル (XRP)

通貨名 リップル(XRP)
現在レート(1通貨) ¥68.95
時価総額(2022年9月) ¥3,441,488,629,109
購入可能な取引所 Coincheck(コインチェック)
公式ホームページ https://ripple.com/xrp/
レートは9月27日時点の値を参照

リップルは時価総額7位(2022年9月現在)の仮想通貨で、2017年に価格が高騰したことで話題になりました。

リップルは今後のビジョンがどの仮想通貨よりも明確で、開発も進められています。

リップルの特徴

  • 送金スピードが速い
  • 実用化が進んでいる
  • 200以上の銀行や金融機関と提携している

リップルは国際送金を安く、円滑にすることを目的に作られた仮想通貨で、「Ripple Net」という送金ネットワークの中で使用されています

リップルはすでに国内外問わず多くの銀行や金融機関と提携しており、国内でも「みずほ銀行」やSBIグループで、リップルを用いた海外送金が実現できるのか実験を行っています。

ただし、リップルを発行しているリップル社と米証券委員会(SEC)が現在裁判中なため、今後の動向には十分に注意してください。

2022年にかけての価格についても注目していきます。

リップルは何かとイベントが多い通貨であるので、価格の変動がかなり激しいです。

一度は価格が急落しましたが、現在は価格を持ち直して再度上昇するような値動きを示しています。

ポイント

送金の利便性を向上させる技術に注目

これからのリップルの将来に期待するという方向けにリップルの買い方リップルを購入できる取引所を解説しているので合わせて確認してみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

アルトコインを購入できるおすすめな取引所

それでは次にアルトコインを購入できるおすすめな取引所を紹介します。

また、仮想通貨取引所のおすすめランキングでも詳しい取引所の概要を解説しておりますので、是非確認してみてください。

Coincheck(コインチェック)

名称 CoinCheck(コインチェック)
取り扱い仮想通貨 19種類
取引手数料 無料
最低取引量 500円
ホームページ 公式サイト

コインチェックは大手証券会社マネックスが運営している取引所で、公式ページとスマートフォンアプリの使いやすさとセキュリティの高さが評判です。

コインチェックは国内の暗号資産取引アプリダウンロード数で3年連続No.1の実績を誇る仮想通貨取引所です。※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

コインチェックのメリット

  • 合計17種類のアルトコインを提供中
  • 最低取引額は500円から可能な優しい設計
  • 現在テレビCMが放送中で信頼性が高い
  • アルトコインの積立投資を行うことができる

合計19種類の通貨を取り扱っているため、アルトコイン取引をしたいという方には最適です。

さらにアルトコインの積立投資も行うことができるため、将来を見据えてコツコツ取引を続けていきたいという方に最適です。

» コインチェックの公式サイト

あわせて読みたい

コインチェック(Coincheck)の評判・口コミは?【辛口評価】

 

bitFlyer

仮想通貨取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
最低取引数量 1円~
出金手数料 220円~
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:330円~
ー住信SBIネットの場合のクイック入金:無料
ーそれ以外のネット銀行からの場合のクイック入金:330円(税込)
送金手数料 BTC:0.0004BTC:ETH:0.005ETH
取り扱い通貨 15通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でビットコインの取引量が6年連続※日本一であることが最大の特徴として挙げられます。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットコインを含めて15種類もの仮想通貨を取り扱っており、メジャーなものからマイナーなものまで、さまざまな仮想通貨の取引が可能です。

また、「1円」という超少額な取引額から仮想通貨の購入ができるため、仮想通貨初心者の方におすすめできます。

bitFlyerのおすすめポイント

  • 取り扱っている銘柄が日本の取引所では15種類と豊富
  • 1円から仮想通貨の取り引きが可能で初心者に優しい

» ビットフライヤーの公式サイト

 

Huobi Japan

仮想通貨取引所名 Huobi Japan(フォビジャパン)
最低取引数量 2円~
出金手数料 330円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:振込手数料/クイック入金:振込手数料お客様負担/コンビニ入金:振込手数料お客様負担
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.10XRP/ETH:0.007ETH
取り扱い通貨 14通貨

Huobi Japanのおすすめポイント

  • フォビトークンを持っていると取引手数料が安くなる
  • セキュリティ性能が高い

HuobiJapanは、「フォビトークン(HT)」という取引所オリジナルの通貨を取り扱っています。

フォビトークンは単に売買による差益を狙えるだけでなく、保有量に応じて取引所(板取引)での取引手数料が安くなるというメリットを有しています。

なお、フォビトークンによる取引手数料割引ランクはLV.1~LV.8まであり、最大で92%まで手数料が割引されます。

Huobi Japanを手掛けるHuobiグループは、2019年に第三者機関(ICO Rating)からセキュリティ世界最高水準のお墨付きを受けており、その技術を用いているHuobi Japanも高いセキュリティ性能を誇ります。

  • コールドウォレット(オフラインのウォレット)で、ユーザーの仮想通貨を管理
  • マルチシグを採用して、秘密鍵を複数カ所に分散管理
  • 不正アクセス防止のために、二段階認証を採用

これらのセキュリティ技術が用いられてます。

» フォビジャパンの公式サイト

 

2022年注目のアルトコインまとめ

今回は今年注目のアルトコインについてまとめさせて頂きました。

これからアルトコインに取引をしたいという方には参考になったのではないでしょうか。

今回の内容をまとめると下記のようになります。

記事のまとめ

  • アルトコインを選ぶなら将来性があるものを選ぶこと
  • また、具体的な利用目的や運営者が明らかになっているものが重要
  • 今年注目のアルトコインは「イーサリアム」が代表的!
  • 2022年は相場が大きく変動しているため、継続して情報を入手していこう!
  • アルトコインの保有にはコインチェックが最適!

アルトコインの取引で一番重要になってくるのは用途がはっきりしている通貨を選ぶということです。

抽象的でどこに利用するのかわからないという通貨を選ぶのはやめましょう。

2022年に注目されているアルトコインは「イーサリアム」です。

実際に2021年11月などには大きく価格が動いているので、今後も価格上昇が期待できますね。

まだ、保有していないという方は是非コインチェックで取引を検討してみてください。

» コインチェックの公式サイト

あわせて読みたい

草コインとは?おすすめ銘柄ランキング11選!買い方・選び方も解説|2022年版

-アルトコイン

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ