クアンタム(QTUM)とは?今後の見通し・予想と将来性を徹底解説

今回はクアンタム(QTUM)の今後の見通しや予想に関して詳しく解説していきます。

国内の仮想通貨取引所でも続々と上場されており、大きな注目を集めています。

これからクアンタム取引をしていきたいと考えている方は是非この記事を最後まで読んでみてください。

この記事を読むと

クアンタムはビットコインとアルトコインの仕組みを合わせて作られたため、それぞれの特徴を持っている通貨です。

また、ライトウォレットというシステムも導入されており国内外から注目を集めています。

2021年4月には2,000円を突破し、アルトコイン市場に大きな影響を与え、さらに5月7日にも再び急騰し、一時3,800円台という高値をつけました。

しかし、ビットコインの下落と共に大きく価格を下げ、7月は1,000円を切るまで値を下げました。

しかし、2021年11月には大きく価格が上昇。12月の暴落を経て現在も緩やかに価格が下降している状況です。

これからクアンタム(QTUM)を取引してみたいという方は、是非コインチェックの公式サイトをチェックしてみてください。

まだ口座開設をしていないという方は、是非公式サイトをチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

クアンタム(QTUM)とは?特徴を詳しく解説

通貨名 クアンタム
シンボル QTUM
現在の価格(2022年9月) ¥420
時価総額(2022年9月) ¥43,773,450,609
時価総額ランキング(2022年9月) 124位
取扱取引所 コインチェック
Huobi Japan
bitbank
OK CoinJapan
DMM Bitcoin
GMOコイン
公式サイト QTUMの公式サイト

クアンタムとは、オープンソースブロックチェーンを使用した匿名性の高い仮想通貨です。

ビットコインとアルトコインの仕組みを複合して作られた通貨となるため、2つの特徴を持って生まれてきています。

そのため、イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトを採用しており、自動契約が行われる仕組みも組み込まれています。

しかも、ライトウォレットと呼ばれるストレージ容量を減らして、挙動を軽くしてくれるシステムも導入されているのです。

ライトウォレットは、ビジネス全般に対しても有用な技術であるため、国内外でクアンタムが注目されています。

また、後述しますが、PoSなどのメカニズムも採用されており、ブロックチェーン技術の進歩にも役に立つ技術が採用されていると言えるでしょう。

 

ビットコインとイーサリアムの特徴を両方もつ

前述している通り、クアンタムではブロックチェーン技術が特徴的なビットコインとスマートコントラクトが特徴的なイーサリアムそれぞれの特徴を併せ持っています。

以前までは技術の壁があり、2つの技術を1つの通貨に導入させることは難しく市場に出ることはなかったのですが、クアンタムは上手く融合していると言えるでしょう。

仕組み自体はオープンソース化されているため、この仕組みを利用した別のコインも生まれてきましたが、上手く流通されませんでした。

しかし、クアンタムがライトウォレットの導入を行い、挙動を軽くすることによって大きく評価を得て市場に回るようになったと言われています。

 

匿名性が高い

ビットコインで有名となったブロックチェーン技術であるUTXOをクアンタムも導入しており、アドレスが再度発行されるため、匿名性が高くなっています。

また、匿名性を高めるために、アカウントアブストラクトレイヤー(AAL)と呼ばれるクアンタムが作り上げたスマートコントラクトを動作させるシステムを導入しています。

常に新しい情報が更新される仮想通貨取引において、ブロックチェーンとアカウントアブストラクトレイヤーは非常に互換性が高く、取引データを更新しながら複雑な匿名処理を可能にしているのです。

しかも、ライトウォレットにより処理速度をあげることによって、高い実用性を兼ね備えています。

 

プルーフオブステーク(PoS)を採用

仮想通貨取引を行う上では、マイニングが非常に重要になってくるため、他の通貨ではビットコインで採用されているPoWを導入していました。

PoWでは、計算処理が1番早く完了した人に報酬が与えられる流れをシステム化しているのですが、クアンタムではPoSと呼ばれる新たなシステムを導入しています。

PoSは計算処理と、クアンタム保有量・時間を自動で判別してマイニング報酬を与えてくれる仕組みです

PoWでは、電力とサーバー環境に依存してしまうため、運営利益が長くなればなるほど負担がかかってしまいます。

そのため、様々な通貨がPoSにシステムを変更しようとしているようです。

そのような動きの中、クアンタムへの期待はさらに高まっていくといえるでしょう。

 

クアンタム(QTUM)の現在の価格動向

上記チャートは、クアンタムの2022年9月28日までの値動きを表しています。

2021年5月には価格が急上昇し、一時期3,500円を超えるタイミングも見られました。

その後は少し価格を下げて調整しましたが、仮想通貨市場全体での動きに連動して2021年11月に入ってから価格高騰をしています。

匿名性や、電力とサーバー環境に依存しないシステムは様々なビジネスにおいて導入がしやすく、ブロックチェーンに関してもオープンソースとなるため、システム情報が開示されていることにより透明性も高いです。

そのため、技術的需要が高まりに伴ったことも価格上昇の要因と言えるでしょう。

実際、2021年11月に入ってからクアンタムの価格は前日比で大きく上昇し、2,100円にまで到達しており大きな注目を集めています。

2021年12月には暴落、2022年に入ってからは仮想通貨市場全体での動きに連動した下降トレンドを形成中です。

2022年9月時点では¥420を推移している状況です。

今後のクアンタムの将来性に期待している方は、是非保有を検討してみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

クアンタム(QTUM)の今後の価格が上昇する要因

今後価格が上昇すると解説したクアンタムですが、具体的には以下の4つの要因が関係しているとみられます。

上昇の要因になるもの

  • 新規取引所への上場をする
  • クアンタムと企業やサービスとの連携が決定する
  • プロジェクトの進行が順調で成果物が市場に認められる
  • 半減期を迎える

新規取引所への上場をする

クアンタムは、コインチェックを始めとるする約7社の国内取引所に新規上々しています。

アルトコインの中でも、以前から注目を集めていた通貨となるため、各取引所が取引を始めていると言えるでしょう。

複数の取引所が取引を始めるということは、ユーザー・取引所に重要がある通貨であるということが証明されるため、必然的に価格が上昇していきます。

仮想通貨(暗号資産)・取引所のおすすめ比較ランキングについてもまとめてありますので、まだ確認していないという方は、是非チェックしてみてください。

 

クアンタムと企業やサービスとの提携が決定する

前述している通り、クアンタムにはビジネスに対しての汎用性が高いシステムが導入されているのですが、「実際、企業とサービス提携してたりするの?」といった疑問が出てくるでしょう。

2022年現在では、企業間でのジョイントベンチャー事業や共同開発事業をクアンタムのリソースを使用して行っています。

システム自体が複雑なため、理解されづらい分野ではありますが、企業間での提携が決定しているため、市場にも大きな影響を与えていると考えられます。

 

プロジェクトの進行が順調で成果物が市場に認められる

クアンタムが手掛けているプロジェクトは順調に進んでおり、特にFirefoxを高速化したベータ版が公開されたことにより、市場がクアンタムの技術を認めています。

また、Googleと連携したAIコンペでは、クアンタムのスタッフが入賞しているため、成果物が市場に理解し始めることで、通貨の価格が向上していると言えるでしょう。

特にAIを活用した技術は大企業も出資しているということもあり、事業内容の透明性が伺えます。

 

はじめての半減期

クアンタムは2021年12月に半減期を迎えており、この半減期が価格上昇に影響を与える可能性があります。

半減期とは、マイニング報酬が半分になるタイミングのことを指しています。

半減期の目的は?

マイニング報酬をコントールすることで、インフレを防ぐ目的があります。

半減期においてマイニング報酬を半分に減らすことで、市場への仮想通貨の供給も抑制し、インフレを防ぐ効果が期待できます。

一般的に、半減期を迎える仮想通貨は、半減期の前後で価格が上昇する現象が発生することが多いと言われています。

このことから、クアンタムも半減期を迎えるにあたって、何らかの価格変動が見られる可能性があると考えられていました

2021年12月の上旬には、実際に価格が暴落して半減期を迎えたとされています。

今後の価格上昇のビジョンと捉える投資家は多く、現在が買い増しのチャンスとされているのです。

しかし、価格変動の未来は100%予測できるものではないので、取引するにしても余剰資金かつ自己責任で行う事が重要となります。

なお、他の通貨について気になる方はおすすめ仮想通貨銘柄の記事をご参考ください。

 

【2022年最新版】クアンタム(QTUM)の今後の見通しや予想

ビットコインとイーサリアムの特徴を持っているクアンタムですが、ビジネス上での汎用性が非常に高いため、今後価値が上昇する可能性の高い通貨の1つと言えるでしょう。

2020年前半では、130円〜140円台で低迷していたのですが、世界中の大企業との提携や、クアンタムの技術を用いた成果物が市場に認められたこともあり、価格は上昇を続けました。

ビットコインと比べるとまだまだの通貨ではありますが、過去には一時1万円以上の最高値を記録している実績もあるため、今後に期待できる要素も存在しているのです。

徐々に重要性が上がることが予想されるため、急激に伸び続けるということは予想しづらい部分ですが、中長期的にしっかりと価格を維持したまま上昇していくでしょう。

また、オープンソースブロックチェーンを使用しているため、システム自体の透明性も高く、スマートコントラクトなどの自動売買契約のシステムなども非常に期待できる部分です。

特にPoSを採用していることで複雑なデータでも、処理速度を保ったまま対応することが可能となっており、さらにライトウォレットを採用することで処理速度自体を向上しています。

今後仮想通貨業界は全体に伸びてきますので、電力・サーバー環境に依存しているPoWよりもPoSを採用する方がメリットが高いと判断され、よりクアンタムの価値が上昇すると予想されます。

» コインチェックの公式サイト

 

クアンタム(QTUM)の今後の価格予想・将来性

クアンタムは、2018年1月に約1万1,000円の最高値を記録していたこともあり、クアンタムの通貨自体のポテンシャルの高さが感じられます。

また、現在クアンタムのシステムを応用して様々な企業が提携してプロジェクトを進めており、進捗も良くベータ版リリース時には市場で高評価を得ているため、将来性の高い通貨であると言えるでしょう。

クアンタム公式Twitterで発表されているロードマップによると、公式ウォレットである「Qtum Core」のパフォーマンス強化を目的とした開発等が進行中であり、テストネットからリリースが予定されています。

また、より柔軟で強力なプラットフォームを作成できる仕組みである「Qtum Neutron」も、クロスチェーンやARMベースの仮想マシン等によるアップグレードも予定されています。

これらのアップグレードが実行されれば、それに伴ってクアンタムの価格も上昇していくとの見方が多いです。

価格自体は跳ね上がるわけではなく、中長期的に徐々に価格が上がっていくと考えられています。

Captain Altcoinによると、もし2023年にクアンタムが存在していれば価格は現在の10倍〜100倍になるとも予測されています。

If QTUM survives to see 2023, which is highly unlikely, the token would surely be at 10-100x of the current value which means it would be at $25 – $250 per token.

https://captainaltcoin.com/

 

クアンタム(QTUM)の懸念点やデメリット

クアンタムの懸念点やデメリットは以下の2つです。

価格の懸念

  • 中国情勢に左右されてしまう
  • ビットコインの価格に大きな影響を受けてしまう

 

中国情勢に左右されてしまう

そもそもクアンタムは中国で生まれた通貨であるため、中国情勢に左右されてしまう部分が多いと考えられています。

昨今中国では、デジタルマーケティング・AIの活用が驚異的に進んでいますが、共産党による独裁政治が行われているため、中国の理念に合わなければ排除される可能性が高いです。

特に仮想通貨は生まれてから間もないため、一部取引所の閉鎖の可能性もあるでしょう。

 

ビットコインやイーサリアムの価格の影響を受けてしまう

クアンタムは、ビットコインイーサリアムの特徴を両方持った通貨であるため、万が一問題が発生した際は大きな影響を受けると考えられます。

例えば、ビットコインの技術の一部が市場に悪影響を及ぼした場合、クアンタムも信用問題が問われることになります。

たとえクアンタムとは技術面で何も関与していないとしても、影響は避けられないでしょう。

そのため、クアンタムで取引をしていく上では、ビットコインやイーサリアムの状況に影響される可能性があるということを念頭に置く必要があるといえるでしょう。

 

クアンタム(QTUM)を購入できる取引所

ここでは、クアンタムを購入できる取引所の基本情報やメリットを紹介していきます。

代表的な2つの取引所を紹介していきますので、比較して自分にあう取引所で取引を始めてみてください。

コインチェック

名称 CoinCheck(コインチェック)
ホームページ CoinCheck(コインチェック)の公式サイト
取り扱い仮想通貨 17通貨
取引手数料 無料
最低取引量 500円

コインチェックとは、国内でも最大規模の取引所となっており、ビットコインや様々なアルトコインを取り扱っています。

今回紹介しているクアンタムに関しても、もちろん取り扱っておりPCやスマートフォン上から取引を行うことが可能です。

取引自体も17種類の通貨を最低500円から取引することができるため、少額の資産でも仮想通貨取引を体験することができるでしょう。

前述している通り、スマホを使用した取引も可能となっており、国内仮想通貨アプリの中では、ダウンロード数がNo. 1を獲得している今国内で最も勢いのある取引所とも言われています。

口アカウント作成はPCからでもスマホでも5分あれば完了しますので、仮想通貨取引について気になる方はぜひチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

Huobi Japan

フォビジャパンの評価

総合評価

仮想通貨取引所名 Huobi Japan(フォビジャパン)
最低取引数量 2円~
出金手数料 330円
手数料 無料
入金手数料 銀行振込:振込手数料/クイック入金:振込手数料お客様負担/コンビニ入金:振込手数料お客様負担
送金手数料 BTC:0.0005BTC/XRP:0.10XRP/ETH:0.007ETH
取り扱い通貨 14通貨

Huobi Japanのおすすめポイント

  • フォビトークンを持っていると取引手数料が安くなる
  • セキュリティ性能が高い

HuobiJapanは、「フォビトークン(HT)」という取引所オリジナルの通貨を取り扱っています。

フォビトークンは単に売買による差益を狙えるだけでなく、保有量に応じて取引所(板取引)での取引手数料が安くなるというメリットを有しています。

なお、フォビトークンによる取引手数料割引ランクはLV.1~LV.8まであり、最大で92%まで手数料が割引されます。

Huobi Japanを手掛けるHuobiグループは、2019年に第三者機関(ICO Rating)からセキュリティ世界最高水準のお墨付きを受けており、その技術を用いているHuobi Japanも高いセキュリティ性能を誇ります。

  • コールドウォレット(オフラインのウォレット)で、ユーザーの仮想通貨を管理
  • マルチシグを採用して、秘密鍵を複数カ所に分散管理
  • 不正アクセス防止のために、二段階認証を採用

これらのセキュリティ技術が用いられてます。

» フォビジャパンの公式サイト

 

クアンタム(QTUM)の今後の見通しや予想まとめ

今回はクアンタムの今後の見通しや価格予想についてまとめていきました。

これから取引をしていきたいと思っている方は、こちらの情報を参考にして始めてみてください。

記事のまとめ

  • クアンタムはビットコインとイーサリアムの特徴を併せ持っている
  • 匿名性も高く、管理に関しては電力とサーバーに依存しないPoSを採用している
  • 複数の取引所に上場を果たし、成果物によりクアンタム自体が市場で理解し始めている
  • 今後中長期的に伸びてくると予想されるが、中国情勢・ビットコインに影響されやすい
  • クアンタムを取引するなら国内でも勢いのあるコインチェックが最適

クアンタムを始めるには、コインチェックが最適です。

この機会に、ぜひコインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

あわせて読みたい

草コインとは?おすすめ銘柄ランキング11選!買い方・選び方も解説|2022年版

-アルトコイン

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ