Isekai Battleとは?特徴や始め方、将来性を徹底解説

出典:Opensea

Isekai Battleというゲームが話題だけど、どんなゲームなんだろう?Isekai Battleの概要や特徴・始め方、稼ぎ方が知りたいです。

こんな悩みを解決する記事です。

 

本記事の内容

  • Isekai Battleの概要
  • Isekai Battleの特徴
  • Isekai Battleのゲーム内容
  • Isekai Battleの始め方
  • Isekai Battleの稼ぎ方
  • Isekai Battleの将来性

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「Isekai Battle」です。

Isekai Battleは日本発のフルオンチェーンNFTを奪い合うPlay to Earnゲームです。

今回は日頃からPlay to earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Isekai Battleの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでIsekai Battleの始め方をしっかりと理解することができます。

なお、Isekai Battleを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Isekai Battleを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

» コインチェックの公式サイト

 

Isekai Battleの概要

出典:Opensea

ゲーム名

Isekai Battle

対応言語

日本語・英語

対応機種

PC

トークン

SINN

公式サイト

Isekai Battle公式サイト

Isekai BattleはフルオンチェーンNFTを奪い合うPlay to Earnゲームです。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

Isekai Battleはフラグメントと呼ばれるフルオンチェーンNFTをプレイヤーで奪い合ってコンプリートを目指す、対戦型のゲームとなります。

イーサリアムメインネットを利用して開発されており、将来当たり前になるであろうフルオンチェーンNFTをいちはやく導入しているのが特徴です。

すでにTwitter等では多くのユーザーが話題にしているので今後さらに人気が出る可能性が高く、有望株のゲームと言えるでしょう。

 

Isekai Battleの特徴

出典:Opensea

Isekai Battleの特徴は以下のとおり。

Isekai Battleの特徴

  1. フルオンチェーンNFT
  2. 対戦型のゲーム
  3. 手頃な初期費用

順番に説明します。

 

①フルオンチェーンNFT

Isekai BattleはフルオンチェーンNFTを採用しています。

フルオンチェーンとはNFTのデータを直接ブロックチェーンに記録する仕組みのことで、CryptoPunksなどもこのフルオンチェーンNFTです。

>>NFTのCryptoPunks(クリプトパンクス)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

NFTに関する全ての情報がブロックチェーンに刻まれているため、改ざんやデータ消失のリスクが極めて低いことが特徴です。

そのため通常のNFTよりも価値が高くなる傾向にあるため、Isekai BattleのNFTの価値も上がりやすいと言えるでしょう。

 

②対戦型のゲーム

Isekai Battleは対戦型のゲームです。

従来のPlay to EarnゲームはMetakeeperやTitan Hunters等、どちらかというと放置型のゲームが多いことが特徴でした。

>>MetaKeeper(メタキーパー)とは?始め方・稼ぎ方を初心者向けに徹底解説

>>TITAN HUNTERS(タイタンハンターズ)とは?始め方や稼ぎ方、攻略法を徹底解説

放置型ゲームは楽ちんですが、ゲームを楽しんでプレイしている感覚が乏しいのがネックですよね。

その点、Isekai Sagaは他のプレイヤーと対戦してお互いのNFTを奪い合うゲームなので、大人でもワクワクしながら遊ぶことができます。

 

③手頃な初期費用

Isekai Battleは手頃な初期費用で始めることができます。

ゲームを始めるのに必要なキャラクターNFTは一体0.06ETH(約12,000円)と始めやすい価格に設定されています。

出典:Isekai Battle公式サイト

人気のSTEPNなどは初期費用として30,000円~50,000円程度必要なので、それと比較すると気軽に始めやすいかと。

>>STEPN(ステップン)の初期費用はいくら?原資回収までの日数もシミュレーションしてみた

そのため、従来のPlay to Earnゲームの初期費用がネックで始められなかった人でも気軽に始めることができます。

 

Isekai Battleのゲーム内容

続いて、Isekai Battleのゲーム内容の詳細について見ていきましょう。

Isekai Battleのゲーム内容

  1. キャラクター
  2. 探索
  3. 争奪バトル
  4. フラグメント(NFT)
  5. SINKI(NFT)
  6. SINN(ERC-20)
  7. 種合成
  8. トークンエコノミクス

順番に解説します。

 

①キャラクター

出典:Isekai Battle公式サイト

ゲームを始める際に複数のキャラクターを仲間にできます。

キャラクターの価格は以下のとおり。

キャラクターの価格

  • プライベートセール:0.055ETH
  • パブリックセール:0.06ETH

5体以上まとめて買うと割引価格で購入できるため、まとめ買いをするプレイヤーが多いようです。

 

キャラクターは以下のように探索部隊・攻撃部隊・守備部隊の3つのユニットに配備することができます。

出典:Isekai Battle公式サイト

後述のキャラクター特性を生かした配備を行うことで、探索や争奪バトルを有利に進めることができます。

 

キャラクター特性

出典:Isekai Battle公式サイト

各キャラクターには以下の武器特性と防具特性が設定されています。

  • 武器特性:剣・両手・格闘・弓・杖
  • 防具特性:重鎧・軽鎧・ローブ

争奪バトル時にキャラクターが装備する武器や防具のステータスを増強する効果があります。

 

キャラクターLV

各キャラクターはLV1からスタートし、経験値を貯めるごとに最大LV10までレベルアップが可能。

LVが上がると以下のようなメリットがあります。

  • 部隊のキャラクター数が増える
  • ステータスが上がる

経験値はトークンのSINNを消費することで増やすことができます。

 

キャラクターステータス

キャラクターには以下のステータスが設定されています。

  • ATK:LVが上がると1増加(武器性能0.5%上昇)
  • DEF:LVが上がると1増加(防具性能0.5%上昇)
  • LUK:1増加ごとに「種」を拾う確率上昇

ステータスが上がるほど争奪バトルで勝利しやすくなると言えます。

 

武器・防具のステータス

武器・防具についても以下のステータスが設定されています。

  • LV1:攻撃・防御の期待値が10(バトル時に5~15の間でランダムに変動)
  • LV2:攻撃・防御の期待値が25(バトル時に17~33の間でランダムに変動)
  • LV2:攻撃・防御の期待値が50(バトル時に40~60の間でランダムに変動)

ランダム幅は今後変更になる可能性があるとのこと。

 

キャラクターIDと世代(GEN)の定義

キャラクターIDによって世代が決められています。

  • GEN0:ID1~「プライベートセール期間mint数」+パブリックセール時の初期約500体
  • GEN0.5:パブリックセール時、GEN1切り替わり後、下一桁のトークンIDが0のキャラクター
  • GEN1:パブリックセール時、GEN1切り替わり後、下一桁のトークンIDが1~9のキャラクター

ID1~150は運営がイベント用に管理しており、GEN0の個体数やGEN1の販売数はその時の状況で増減するとのこと。

 

世代(GEN)における特典

出典:Isekai Battle公式サイト

各世代における特典が設定されています。

  • GEN0:当該キャラクターのLV上げ時の消費SINN10%軽減+種合成の費用が10%軽減
  • GEN0.5:当該キャラクターのLV上げ時の消費SINN5%軽減+種合成の費用が5%軽減

こんな感じで古い世代の方がより有利な特典を得ることができます。軽減割合は今後変更される可能性があるので注意が必要です。

 

②探索

探索では武器・防具・種・フラグメントなどを発見・獲得することができます。

探索への参加キャラクターが多いほど、アイテムの発見確率が上がり、高いLVのアイテムを獲得することができます。

探索では武器や防具などが他のプレイヤーに奪われることはありません。

 

武器・防具

武器・防具はフラグメントの争奪バトル時に必要であり、自動で装備されます。隊員が10人の場合はキャラクター特性と相性のよいLVの高い武器・防具から自動で10個装備します。

キャラクター特性と合った武器・防具を装備しているとステータスが上昇します。武器・防具はバトル後に一定確率で破損するため、定期的に探索で入手する必要があります。

 

種はワールドマップ上で取得できるアイテムであり、キャラクターのステータスを向上させます。

種類は以下の3種類。

  • ATKの種
  • DEFの種
  • LUKの種

キャラクターのLUK値の合計が高いほど種の取得確率が向上します。

 

フラグメント(NFT

フラグメントはV2以降に探索や争奪バトルで入手可能です。リージョンによって発見できるフラグメントが異なります

リージョン毎に7種類存在しており、各フラグメントの総数も異なります。

フラグメントは1回の探索につき1キャラクター最大1つまでしか取得できません。

探索しているキャラクターが多いほど入手確率が上がります。

 

③争奪バトル

出典:Isekai Battle公式サイト

争奪バトルはプレイヤー同士が対戦してフラグメント(NFT)を奪い合うモードです。

相手のフラグメントを奪える一方で、自分のフラグメントを奪われるリスクもあるため攻撃と防御のバランスを考慮する必要があります。

 

争奪バトルの流れ:攻撃側

攻撃時の流れは以下のとおりです。

  1. 攻撃部隊を編成
  2. 奪いたいフラグメント(NFT)を選ぶ
  3. そのフラグメント(NFT)を持つプレイヤーに争奪バトルを仕掛ける
  4. 争奪バトルを開始
  5. 勝てばフラグメント獲得、負けたら奪えない

 

争奪バトルの流れ:守備側

守備時の流れは以下のとおり。

  1. 守備部隊を編成
  2. 敵プレイヤーから争奪バトルを仕掛けられる
  3. 争奪バトルを開始
  4. 勝てば守備成功、負けたら奪われる

 

部隊の戦力:概要

戦力は争奪バトルの際に、隊員数や装備、キャラクター特性、出身などによって自動計算されます。

 

部隊の戦力:隊員数

攻撃・防御それぞれ30人の隊員、仲間のキャラクターは1人につき10人の隊員を保有しています。キャラクターのLVが1上がるごとに隊員が1人増えます。

 

部隊の戦力:装備とキャラクター特性

争奪バトル時にはキャラクター特性に応じて、最も強力な武器・防具が自動で装備されます。

その際、キャラクター特性に対応する武器の数に応じてATK・DEFの値が上昇します。

 

部隊の戦力:出身による相性

プレイヤーは出身を選ぶことができ、三すくみの関係が設定できます。

 

④フラグメント(NFT)

フラグメント(NFT)は探索と争奪バトルで獲得可能であり、探索リージョン毎に決まったフラグメント(NFT)が獲得できます。

 

「探索」での獲得

リージョンによって発見できるフラグメント(NFT)が異なります。

リージョン毎に7種類存在しており、各フラグメント(NFT)の総数も異なります。

フラグメント(NFT)は1回の探索につき1キャラクター最大1つまでしか取得できません。

探索しているキャラクターが多いほど入手確率が上がります。

 

「争奪バトル」での獲得

フラグメント(NFT)は存在する総数の上限が決められており、すべてのフラグメント(NFT)が「探索」で獲得されると、「争奪バトル」で入手するしか方法がありません。

争奪バトルはフラグメント(NFT)を奪い合うバトルです。

リージョン毎に存在する7つのフラグメント(NFT)を全て集めるとSINNを生み出すSINKIが先着順で獲得できます。

 

コンプリートとSINKIの獲得

各リージョンに存在するフラグメント(NFT)をコンプリートすると、SINKIとの共鳴が始まるので封印を解くとSINKIからSINNが生み出されます。

SINKIを獲得した後はフラグメントは他のプレイヤーに奪われることはありません。

 

⑤SINKI(NFT)

各リージョンに存在するフラグメント(NFT)をコンプリートして封印を解くと、SINKIが再生します。その他、Openseaでも入手可能。

SINKIの中にはSINNが入っており、時間をかけて全て放出されます。

SINKIは他のプレイヤーに奪われることはありません。

 

⑥SINN(ERC-20)

SINNSINKIから時間をかけて報酬されるゲーム内トークンです。

SINNはキャラクターの購入や、LVアップ、種の合成に使用できます。

 

⑦種合成

探索で入手した種はSINNを消費してより強力な種に合成可能です。

合成する種の個数が多いほど効果が高くなりますが、消費するSINNも多くなります。

  • ATKの種LV1×2+SINN=ATKの種LV2~LV3
  • ATKの種LV1×3+SINN=ATKの種LV3~LV5
  • ATKの種LV1×4+SINN=ATKの種LV4~LV6

合成の仕様は今後変更される可能性があるとのこと。

 

⑧トークンエコノミクス

Isekai Battleのトークンエコノミクスは以下のとおり。

 

トークンについて

ユーティリティトークンとガバナンストークンの2種類のトークン発行を予定しています。

  • ユーティリティトークン:SINN(発行上限あり)
  • ガバナンストークン:名称未定(発行上限あり)

ガバナンストークンの発行時期は未定であり、ユーティリティトークンの仕様も変更になる可能性があります。

 

SINNについて

SINNはSINKIから生み出されるため、一定の時間が必要です。

今後は武器や防具の売却によってSINNが獲得できる予定とのこと。

 

Isekai Battleの始め方

Isekai Battleの始め方は以下のとおりです。

Isekai Battleの始め方

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. Metamaskをインストールする
  4. Metamaskに入金する
  5. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、銀行振込で迅速に入金可能です。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

あわせて読みたい記事

【完全無料】コインチェックで口座開設する5つの手順【初心者向け】

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

Isekai Battleを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【超簡単】コインチェックでイーサリアムを買う方法【送金する方法も解説】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>メタマスクの登録・入金・使い方を徹底解説!【初心者向け画像付き】

 

④Metamaskに入金する

無料でプレイできるゲームであれば必要ありませんが、ゲームをするためにキャラクターを購入する必要がある場合、仮想通貨ウォレットに必要な仮想通貨を送る必要があります。

コインチェックで購入したイーサリアムをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>【超簡単】コインチェックでイーサリアムを買う方法【送金する方法も解説】

 

⑤NFTを購入する

続いて、公式サイトとウォレットを連携してNFTを購入すればプレイ可能になります。

出典:Isekai Battle公式サイト

その他、Openseaでも二次流通で購入可能です。

出典:Opensea

稼ぐためには最低3体以上のNFTキャラクターが必要になるので、予算に応じて好きなキャラクターを選びましょう。

 

Isekai Battleの遊び方・稼ぎ方

出典:Isekai Battle公式サイト

 

Isekai Battleの稼ぎ方は以下の3つ。

Isekai Battleの稼ぎ方

  1. 探索で稼ぐ
  2. 争奪バトルで稼ぐ
  3. NFT売買で稼ぐ

順番に解説していきます。

 

①探索で稼ぐ

1つめが探索で稼ぐ方法です。

探索では武器・防具・種・フラグメントなどを発見・獲得することができます。

探索への参加キャラクターが多いほど、アイテムの発見確率が上がり、高いLVのアイテムを獲得することができます。

探索では武器や防具などが他のプレイヤーに奪われることはありません。

獲得した武器や防具は二次流通で売買可能なので、保有する武器・防具を売って利益を得ることができます。

 

②争奪バトルで稼ぐ

2つめが争奪バトルで稼ぐ方法です。

争奪バトルでは他のプレイヤーと対戦してフラグメント(NFT)を奪い合うことになります。

バトルに勝利すればフラグメント(NFT)を奪って自分のものにすることができます。

さらに、保有しているフラグメント(NFT)をマーケットプレイスで売却して利益を得ることも可能です。

LVの高いフラグメント(NFT)は価値が高いので、その分高い価格で売ることができるでしょう。

 

③NFT売買で稼ぐ

3つめがNFT売買で稼ぐ方法です。

Isekai BattleのキャラクターNFTはマーケットプレイスで売却することができます。

実際にOpenseaでは以下のように多くのNFTが取引されています。

出典:Opensea

このようにゲームを通じて獲得した武器・防具やフラグメント(NFT)などを転売して稼ぐことが可能です。

 

Isekai Battleの将来性

Isekai Battleの将来性についても見ていきましょう。

Isekai Battleの将来性

  1. 既に高い人気を獲得
  2. 経験豊富な開発チーム
  3. オタクコイン協会と提携

順番に解説します。

 

①既に高い人気を獲得

Isekai Battleは既に高い人気を獲得しています。

6月10日22時に開始したパブリックセールでは開始わずか30秒で1,357体が売り切れ、前日のプライベートセールと合わせて6,500体が完売。

Twitterでも購入報告が相次いでおり、人気の高さがうかがえます。

 

②経験豊富な開発チーム

Isekai Battleは経験豊富なチームによって開発・運営されています。

運営元の株式会社THE BATTLEは「従来の常識と戦う、Web3組織」として設⽴。

コアメンバーは2018年からブロックチェーン関連の開発等に関わり、以降様々なプロジェクトに参画しています。

インフルエンサーのイケダハヤト氏が手掛ける「CryptoNinja NFT」のアニメ化にも携わっており、ブロックチェーン関連の専門家集団と言えます。

こうした豊富な経験や知見を活用し、Isekai Battleのゲーム内容やエコシステムをより発展させることができるでしょう。

 

③オタクコイン協会と提携

Isekai Battleはオタクコイン協会とパートナーシップを結んでいます。

オタクコイン協会は日本のアニメ文化を世界に広めることを目的として設立されました。ブロックチェーンの技術をアニメに活用することで、さらなる発展を目指して活動しています。

オタクコイン協会が企画・広報でサポートを行うため、効果的なマーケティング戦略を通じて多くのユーザーを獲得できる可能性が高いでしょう。

 

まとめ

Isekai Battleは将来的に期待できるプロジェクトです。

今回はIsekai Battleの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

Isekai BattlePlay to earnの普及に伴い、今後人気を集めることが予想されます。

Isekai Battleはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Isekai Battleで効率的に稼ぐためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

» コインチェックの公式サイト

-NFT, GameFi

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ