Azuki(アズキ)NFTとは?特徴や買い方、将来性について徹底解説

Azuki(アズキ)NFTについて詳しく知りたい。Azuki(アズキ)の特徴や将来性、買い方を教えてほしいです。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Azuki(アズキ)とは?
  • Azuki(アズキ)の特徴
  • Azuki(アズキ)の買い方
  • Azuki(アズキ)の将来性
  • Azuki(アズキ)の価格推移

 

本記事の信頼性

筆者は実際にNFT販売をしています。暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Azuki(アズキ)ってどんなNFTなんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

 

Azuki(アズキ)は日本のアニメにインスパイアされた人気NFTコレクションです。

 

今回はAzuki(アズキ)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。この記事を読むことでAzuki(アズキ)に関する理解が深まるはずです。

 

なお、Azuki(アズキ)の購入にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要となります。

 

なので、Azuki(アズキ)に興味がある方は、無料で口座開設できるコインチェックでイーサリアムを購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

Azuki(アズキ)とは?

出典:Azuki公式サイト

 

Azuki(アズキ)は暗号資産(仮想通貨)関係者やアーティスト、アーティスト、ゲームクリエイターなどからなる8人のチームによって作られた、日本のアニメ風のNFTアートです。

出典:Azuki公式サイト

 

バリエーション豊富なキャラの横顔コレクションであり、その高いビジュアルから即完売するほどの人気となりました。

 

2022年10月時点では最低価格が約200万円ほどで取引されており、高い価格で推移しています。

 

Bored Ape Yacht ClubやCryptopunksと並んで、世界中のNFTコレクターが注目するコレクションであり、運営チームは未来の分散型ブランドの構築に取り組んでいます。

>>「Bored Ape Yacht Club NFT(BAYC)」とは?猿のNFTの概要や特徴、買い方について解説

>>NFTのCryptoPunks(クリプトパンクス)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

 

Azuki(アズキ)の特徴

Azuki(アズキ)の特徴は以下のとおり。

 

Azuki(アズキ)の特徴

  1. ジェネラティブNFT
  2. 日本のアニメにインスパイア
  3. 売上トップのNFT

 

①ジェネラティブNFT

Azuki(アズキ)はジェネラティブNFTです。

ジェネラティブとは?

機械で自動生成されるNFTのこと。

 

顔や服装、装備などがパーツで分けられ、プログラムでそれらを組み合わせることにより10,000体のNFTを生成。

出典:Opensea

 

同じ組み合わせは存在しないため、レアな組み合わせのNFTはプレミアがついて高値で取引されています。

 

②日本のアニメにインスパイア

Azuki(アズキ)は日本のアニメ風のキャラクターが特徴です。

 

Azukiチームには、人気ゲーム「ストリートファイター」の漫画家なども参加しており、高いスキルを持ったクリエイター集団であることがわかります。

 

刀や日本酒といった和風な要素も加味しており、それらが他のNFTコレクションにはない魅力を醸し出しています。

 

③売上トップのNFT

Azuki(アズキ)は2022年4月第一週の時点で、OpenSeaの売上ランキング1位を獲得

>>【超簡単】OpenSeaを始める3つの手順【完全初心者向け】

 

その後も、売り上げTOP10に入り続けており、高い人気を維持しています。

出典:coinmarketcap

 

Azuki(アズキ)をTwitterのアイコンにする人も多いため、それらが宣伝効果となりさらに多くのホルダーを生み出す結果につながっています。

 

Azuki(アズキ)の買い方

Azuki(アズキ)の買い方は以下のとおり。

Azuki(アズキ)の購入方法

  1. コインチェックに登録
  2. イーサリアムを購入
  3. MetaMaskを導入
  4. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  5. Openseaに登録
  6. Azuki(アズキ)を購入

順番に解説します。

 

①コインチェックに登録

NFTを始める最初のステップとして、コインチェックで口座開設をしましょう。

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからコインチェック公式サイトにアクセスします。

» コインチェックの公式サイト

トップページの「口座開設(無料)」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

あわせて読みたい記事

【完全無料】コインチェックで口座開設する5つの手順【初心者向け】

 

②イーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「ウォレット」→「日本円を入金」から日本円を入金できます。

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

ご自身にあった方法で入金しましょう。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にてイーサリアムを選択して日本円で購入します。

あわせて読みたい記事

【超簡単】コインチェックでイーサリアムを買う方法【送金する方法も解説】

 

③MetaMaskを導入

NFT売買でイーサリアムを使用するには、MetaMask(メタマスク)に購入したイーサリアムを送る必要があります。

MetaMaskとは、ネット上で利用できるイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。MetaMaskを使うことで、簡単に仮想通貨の送金や受け取りが可能です。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

ブラウザの拡張機能を使うのであれば、GoogleChromeの使用をおすすめします。

GoogleChromeでMetaMaskは以下のようにインストールしましょう。

「Chrome」→「環境設定」→「拡張機能」→「Chromeウェブストア」と進み、Chromeウェブストアで「MetaMask」と検索します。

表示されたMetaMaskをインストールして、「新しいウォレットを追加する」を選択して、ウォレットを作成します。

その後、説明にしたがって必要項目を記入していきます。

登録が完了すれば、MetaMaskの導入は完了です。

Metamaskの設定方法・使い方についてはMetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

④イーサリアムをMetaMaskへ送金

コインチェックで購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

コインチェックで「暗号資産の送金」から「Ethereumを送る」選択し、「送金先リストの編集」を選択します。

まずは作成したMetaMaskを開き、「0x」から始まるアドレスをコピーしてください。

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択します。

デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されていますが、ネットワークを間違えると送金した仮想通貨が戻ってこないこともあるので、ここには特に注意しましょう。

「新規ラベル」には「MetaMask」など、自分のMetaMask宛に送ることがわかる名前をつけて、「新規宛先」にMetaMaskのコピーしたアドレスをペーストします。

送りたいイーサリアムの金額を記入して、「送金する」を押せば送金完了です。

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってMetaMaskにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

 

⑤NFTマーケットプレイスに登録

次に、使いたいNFTマーケットプレイスに登録します。

ここでは、最も人気のあるOpenSeaに登録する手順を説明します。

>>OpenSea(オープンシー)とは?使い方・購入方法・出品方法を解説!

 

OpenSeaの公式サイトにアクセスしたら、画面右上のアカウントマークを選択しましょう。

そこから「設定」を選択すると、OpenSeaと紐付けるウォレットを選ぶ画面が表示されます。

先ほどMetaMaskのウォレットを作成したので、MetaMaskを選択しましょう。

すると「署名の要求」というポップアップウィンドウが表示されるので、「署名」を選択します。

これでOpenSeaとMetaMaskの紐付けが完了しました。

再度画面右上のアカウントマークを選択して「設定」を選択します。

すると、「プロフィール設定」ページが表示されるので、必要な箇所を入力しましょう。

最低限であれば、「ユーザー名」と「メールアドレス」のみで結構です。


入力が完了したら「Save」を選択すると、入力したメールアドレスにメールが送られてくるので、メールを開いて「VERIFY MY EMAIL」をクリックしてください。

『Back to OpeaSea』をクリック。

これでメール認証も完了したことになります。

以上でOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができるようになりました。

 

⑥Azuki(アズキ)を購入

Openseaの検索画面で「Azuki」で検索し、好きなNFTを選んで「Add to cart」→「Complete purchase」で購入できます。

 

出典:Opensea

以上がAzuki購入の一連の流れです。この手順を参考にしつつ進めてみてください。

 

Azuki(アズキ)の将来性

Azuki(アズキ)の将来性は以下のとおり。

 

Azuki(アズキ)の将来性

  1. NFT人気による需要の増加
  2. 独自ブロックチェーンの開発
  3. 他業種への進出

 

①NFT人気による需要の増加

世界的なNFT人気による需要の増加が見込まれます。

 

Azuki(アズキ)を始め、Bored Ape Yacht ClubMeebitsなどのNFTが世界中で人気であり、セレブを始め多くの投資家が購入しています。

 

今後、アート以外にもスポーツやエンタメなどあらゆる分野でNFTの導入が進むと見られており、NFTが一気に普及していきます。

 

そのため、すでに圧倒的な人気を誇るAzuki(アズキ)の価値がさらに上がる可能性が高いです。

 

資産としてNFTを購入したり、転売目的でNFTを取引する人が増えることでAzuki(アズキ)の需要も拡大するはずです。

>>NFT転売は儲かる|基本的なやり方から利益を出す方法・コツを全解説

 

②独自ブロックチェーンの開発

Azuki(アズキ)はブロックチェーンの新規格「ERC721A」を自ら開発しています。

>>【初心者向け】ブロックチェーンについて学べるおすすめの本3冊【無料あり】

 

これにより、NFT取引時のガス代(手数料)が安くなるため、今までよりも手軽にNFTを売買可能になります。

>>【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

 

「ERC721A」はオープンソースとして公開されており、誰でも自由に活用できます。

 

実際に他のプロジェクトでもERC721Aが使われており、NFTコミュニティの発展に貢献しています。

 

③他業種への進出

Azuki(アズキ)は今後NFTに限らずファッションやグッズ販売などにも進出する予定です。

出典:Azuki公式サイト

 

運営チームによると、まずはAzuki(アズキ)のモチーフでもある赤いジャケットを販売する予定であり、TV番組でAzukiのデザインを取り入れる可能性もあるとのこと。

 

また、今後はメタバースの「Azuki 3D」や独自の暗号資産(仮想通貨)である$BEANの構想などもあり、Azukiのエコシステム構築を目指しています。

 

メタバースの市場規模は数兆円に上ると見られており、人気NFTのAzuki(アズキ)が展開するメタバースということで高い期待が寄せられています。

 

メタバースの始め方については、メタバースの始め方・やり方を徹底解説!【初心者向けの3ステップ】で詳しく解説しているのでよかったらどうぞ。

 

Azuki(アズキ)の価格推移

Azuki(アズキ)の価格推移を見てみましょう。

Azuki(アズキ)はコレクション開始以降、一気に完売し平均200万円程度の高値圏で推移しています。

 

Azuki(アズキ)SNSアイコンに設定する人が多く、エアドロップも予定しているため、今後も価格は高い水準を維持する可能性が高いです。

>>仮想通貨のエアドロップとは?2022年に開催されているイベントや受け取り方を解説!

 

さらにNFT需要の増加やメタバースの普及などにより、Azuki(アズキ)の認知度が向上し、価格の上昇が見込めます。

 

まとめ

Azuki(アズキ)は将来有望なNFTアートといえます。

 

今回はAzuki(アズキ)について解説してきました。

 

Azuki(アズキ)は高い完成度を誇り、一定の人気を獲得していることから今後も価格上昇が見込めます。

 

資産価値が高い有名NFTであり、BAYCCryptopunksよりも安価なので比較的購入しやすいです。

 

今後もファッションやメタバース分野への進出を予定しているため、今のうちに保有しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Azuki(アズキ)を購入するには暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムが必要になります。

 

なので、Azuki(アズキ)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のイーサリアムを買っておきましょう。

» コインチェックの公式サイト

-NFT

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ