仮想通貨のエアドロップとは?2022年に開催されているイベントや受け取り方を解説!

今回ご紹介するのは、仮想通貨やトークンがもらえるエアドロップです。

エアドロップは空から降ってくるという意味を持っており、マーケティングキャンペーンなどの一環として自社で発行した仮想通貨やトークンを無償でユーザーに配布するイベントのことを指します。

本当に仮想通貨やトークンを無償で配布してくれるのか気になるところですが、本当に配布してくれるのであればとてもありがたいですよね。

今回の記事では、以下のようなことが分かります。

この記事を読むと

  • エアドロップは無償で仮想通貨・トークンが配布されるイベント
  • 個人情報が悪用される可能性がある
  • 今までたくさんのエアドロップが行われてきている

国内取引所のHuobi Japanでは、仮想通貨トロンの保有者に対して行われるエアドロップに参加を表明しています。

エアドロップに興味がある方は、ぜひこの機会にHuobi Japanの公式サイトをチェックしてみてください。

» Huobi Japanの公式サイト

 

仮想通貨エアドロップとは?

エアドロップとは様々な取引所で開催されるイベントで、無料で仮想通貨やトークンが配布されることを指します。

資金調達を行いたい企業が発行するトークンの知名度を高めるマーケティング活動の一環として、エアドロップを利用するケースが多くなっています。

エアドロップに参加する条件はプロジェクトの主体が決められるようになっており、様々な方法がありますが代表的な例に以下の2つがあります。

主なエアドロップ参加条件

  • イーサリアムなどの特定の暗号通貨を保有する
  • SNSで特定の投稿をポストする

海外の取引所でエアドロップが開催される例が多く、最近では一部の国内取引所でも頻繁に開催されるようになりました。

エアドロップは、条件を満たしたユーザーに対して仮想通貨を無料で配布するという特徴がある事から、DEXやプロジェクトの立ち上げによる広報目的で開催される事が多いです。

広告の打ち出しや口コミでの認知度上昇をさせるよりも、エアドロップをした方がすぐに多くの人々が認知してます。

また、エアドロップによる宣伝をした後、すぐに上場をさせる通貨も多くなっています。

 

現在開催されている仮想通貨エアドロップ

ここでは2022年9月時点で開催されているエアドロップの代表例を解説していきます。

TRONのエアドロップ

保有銘柄 TRX
配布銘柄 NFT
配布量 総供給量の4%
スナップショット日時 毎月10日
TRXが買える取引所例 フォビジャパン
詳細 APENFT公式ページ

トロン保有者へのNFT配布は2021年6月10日より開始されました。

以降、2023年6月10日まで毎月10日にスナップショットを実施する予定となっています。

国内の取引所でトロンの取扱があるフォビジャパンは今回のエアドロップに参加を表明しており、既にスナップショットを数回実施しています。

実際にNFTの配布時期は未定となっていますが、国内の取引所で珍しくエアドロップに参加している取引所になりますので、興味がある方はぜひ公式ページをチェックしてみてください。

» Huobi Japanの公式サイト

 

過去開催されていた仮想通貨エアドロップ

では、次は過去に開催されていたエアドロップを紹介していきます。

LUNA(TERRA)エアドロップ

保有銘柄 旧LUNA(現LUNC)
配布銘柄 LUNA
配布量 旧LUNA(現LUNC)と1:1(保有量に応じて変化あり)
スナップショット日時 攻撃前:5月7日23時59分37秒
攻撃後:5月27日午前4時59分51秒
旧LUNA(現LUNC)が買える取引所例 Binance、FTXなどの海外取引所
※国内取引所では取り扱いなし
詳細 Terra(LUNA)公式サイト

2022年5月は、ステーブルコインUSTのディペッグ騒動から仮想通貨市場に大きな影響を与えました。

そんなUSTの安定性を担保していたのがTerra(LUNA)です。

無担保型による懸念から大量売却が起こり、Terra(LUNA)の価値はほとんどなくなっていましたが、復興を試みた運営側は2022年5月27日よりテラ2.0という新トークンの配布を発表しました。

旧LUNAを保有していた方に新トークンが配布される仕組みで、既に海外大手取引所のBinanceやFTXがエアドロップ対応を発表しています。

エアドロップされるトークンの30%はすでに配布されており、今後約2年間に渡って残りの70を段階的に配布していく方針です。

 

OMGのエアドロップ

保有銘柄 OMG
配布銘柄 BOBAトークン
配布量 BOBAトークン総供給量の28%
スナップショット日時 2021年11月12日0時(UTC)
OMGが買える取引所例 コインチェックHuobi Japanbitbank

仮想通貨のOMGは11月にBOBAトークンを配布するエアドロップキャンペーンを開催しました。

11月12日に実施予定のスナップショットの時点で保有しているOMGの枚数と同数のBOBAトークンが配布されました。

BOBAトークンは、Boba DAO上にて行われるガバナンスに使われるトークンであり、Boba Networkのステーキングに参加することで報酬を獲得することも可能となっています。

国内取引所では、bitbankにてOMG保有者に対するBOBAトークンのエアドロップを行った事も大きな話題となりました。

国内の取引所でエアドロップが行われることは非常に稀ですが、今後の可能性に賭けて参加したいという方はぜひこの機会にbitbank公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

» bitbankの公式サイト

 

SOLOのエアドロップ

保有銘柄 XRP
配布銘柄 SOLO
配布量 未定
スナップショット日時 2021年12月25日5時(日本時間)
SOLOが買える取引所例 Huobi Japan

Huobi JapanでXRPの保有をするとSOLOが付与されるエアドロップが開催されました。

スナップショット時点(12月25日時点)において、10XRP以上保有している方に、SOLOが付与されるというものです。

過去に開催されたエアドロップのため次回の開催は未定ですが、今後の実施する可能性は充分にあるので、事前にアカウント作成をして多くと良いでしょう。

詳しくは、Huoubi Japanの公式サイトをチェックしてみてください。

» Huobi Japanの公式サイト

 

GMTのエアドロップ

保有銘柄 BNB
配布銘柄 GMT
配布量 準備期間7日間のBNB残高の平均
スナップショット日時 2022年3月2日 ~2022年3月9日
BNBが買える取引所例 Binance

2022年3月には、海外暗号資産取引所のバイナンスにてソラナ基盤となるGMTトークンの配布が行われました。

GMTは、近年話題を呼んでいるSTEPNの暗号通貨です。

STEPNとは?

アプリ上でNFTのスニーカーを購入して、GPSとの連動により移動する事で仮想通貨を稼ぐ事が可能なゲーム

STEPNでは、GSTとGMTの2種類のトークンが用いられていますが、今回のIEOで配布されたのはGMTのトークンです。

通常は、移動距離に応じてGSTの方が獲得できますが、保有しているスニーカーのレベルが30以上になると、GST・GMTのいずれかを選んで獲得できます。

今回のGMTトークンIEOは、2022年3月2日から準備期間に入り、実際の配布は3月9日に行われています。

その後すぐにバイナンスのイノベーションゾーンへ上場し、上場後は急騰を見せるなど大きな注目を集めました。

 

UNI(Uniswap)のエアドロップ

配布銘柄 UNIトークン
配布量 一律400UNI(当時約1600ドル)
対象者 2020年9月1日までにUniswapを利用していたユーザー、
流動性プロバイダーおよびSOCKSトークンのホルダー

2020年9月には、分散型取引所Uniswap(ユニスワップ)での大規模なエアドロップが話題となりました。

内容は、2020年9月1日までにUniswapを利用していたユーザー、流動性プロバイダーおよびSOCKSトークンのホルダーを対象者に一律で400UNIの無料配布を行うというものです。

400UNIは当時で約1600ドルの価格で、アメリカで決まっていたコロナ対策の給付金(1200ドル)を超えるものであった事から大きな話題を生みました。

Uniswapは、2022年の現在でこそ有名な分散型取引所ですが、当時はユーザーが少なかった事もあり、当時から利用していた方にとっては先行者利益が得られた形と言えるでしょう。

 

XYMのエアドロップ

保有銘柄 NEM
配布銘柄 Symbol
配布量 スナップショット時点のネム保有量に対し、同数のシンボルが付与
スナップショット日時 2021年3月12日 13:26(日本時間)
XYMが買える取引所例 Coincheck

2022年2月には、国内取引所Coincheckにて仮想通貨ネム(NEM/XEM)のアップデートによって誕生した「シンボル(Symbol/XYM)のエアドロップが発表されました。

ネムの大型アップデートが行われた際には、既存の保有者1XEMに対して1XYMの割合でXYM(ジム)の無料配布が行われていました。

XYMのエアドロップは、前回のエアドロップ対象者に付与されるというものです。

そのため、発表は2022年2月でしたが、スナップショットの日時は2021年3月となっています。

単純に将来性への期待をして通貨を保有している場合でも、このように後から予期せぬ形でエアドロップが開催されてお得な特典を受け取れるのは良くある話です。

ネムやシンボルは、Coincheckにて扱っているので、興味がある方はCoincheck公式サイトをチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

Mutant SerumのNFTのエアドロップ

仮想通貨やトークンの配布だけではなく、NFTの保有者特典として与えられるエアドロップもあります。

デジタルアートで人気の高いBAYC(Bored Ape Yacht Club)では、2021年にNFTのエアドロップを行っています。

BAYC(Bored Ape Yacht Club)とは?

ETHのブロックチェーン上にERC-721トークンとして発行された類人猿をモチーフとしたNFT。
多くの著名人が購入した事から人気が拡大し、NFTアートの代表格とまで言われている。

BAYCの成功を受けて、主催側は新たなコレクションであるミュータント・エイプ・ヨット・クラブ(Mutant Ape Yacht Club:MAYC)を誕生させました。

MAYCは、既存のBAYCの絵に「MUTANT SERUM」といったNFTを投与することで作成できます。

「MUTANT SERUM」は、OpenseaのようなNFTのマーケットプレイスでも購入できますが、既存のBAYC保有者にはエアドロップの開催で無料配布されました。

 

仮想通貨エアドロップの参加方法

仮想通貨やトークンが無料で配布されるとはいえ、エアドロップの対象になるには条件をクリアしなければなりません

様々な参加方法がありますが、今回は一番参加方法が簡単な例を紹介して行きます。

エアドロップの受け取り方法

それでは、エアドロップの参加方法について具体的に解説していきます。

 

国内の仮想通貨取引所を口座開設する

エアドロップに参加する場合、既に仮想通貨を保有する必要があるケースが多くなっています。

先ほど紹介したOMG保有者へのトークンBOBAの配布はそもそもOMGを購入しておかなければいけません。

海外の取引所で開催されるエアドロップに参加する場合にも国内の取引所から対象の仮想通貨を送金することでスムーズに参加することができます。

仮想通貨取引所の口座を保有していないという方は、まず過去開催の実績があるコインチェックbitbankなどの大手の取引所のアカウント作成をしておくと良いでしょう。

【完全無料】コインチェックで口座開設する5つの手順【初心者向け】

中でもbitbankは、OMG保有者へBOBAトークンのエアドロップを開催した事や、仮想通貨取引量国内1位という実績から、ますます注目を集めている取引所です。

» bitbankの公式サイト

 

エアドロップが開催されている情報を探す

次に。エアドロップが開催されている取引所を見つけないと意味がありません

当記事でも国内取引所で参加できそうなエアドロップ情報は随時更新していく予定ですので、定期的に確認してみてください。

他にもCoinMarketcapなどが限定のエアドロップ情報をまとめていますので、参考にしてみるといいでしょう。

 

エアドロップの条件を達成する

エアドロップの条件を満たすことで報酬を受け取ることができます

一番簡単なのは対象の仮想通貨をスナップショットと呼ばれる判定時期に保有しておくことです。

bitbankで行われたBOBAトークンを例に見ると、2021年11月12日午前9時に取得したスナップショットに基づいて、OMGの保有数量に対して1対1の割合で数量を確定するものとされていました。

取引所で公開されている特定の日付に対象の銘柄を保有さえしておけば、保有量に応じて配布トークンを受け取ることが可能です。

 

無料で仮想通貨が貰える取引所

無料で仮想通貨がもらえる取引所を捜しているのであれば、以下の取引所がおすすめです。

無料で仮想通貨がもらえる取引所

  • CoinCheck

それでは、無料で仮想通貨がもらえる取引所についてご説明しましょう。

コインチェック

取り扱い暗号資産数 16通貨
最低取引額 0.001BTC
キャンペーン 2022年7月1日00時00分~2022年9月30日23時59分に
新規口座開設した人全員に1500円プレゼント
詳細 公式ページ

Coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が運営しており、ロケットのCMでおなじみの仮想通貨取引所です。

国内の仮想通貨取引アプリではダウンロード数ナンバーワンを誇り、仮想通貨初心者も安心の分かりやすさを備えています。

さらに、キャンペーンとして新しくアカウント作成することで1500円がもらえるので、それで仮想通貨を取引できるのも大きなポイントです。

【早いもの勝ち】タダで1,500円分のビットコインをもらう方法

 

仮想通貨エアドロップのメリット

仮想通貨やトークンが無料で配布されるエアドロップには複数のメリットがあります。

エアドロップを狙うのは仮想通貨を始める大きなきっかけになるので、エアドロップが開催されている取引所を優先して探すのもおすすめです。

エアドロップのメリット

  • 無料でもらえる
  • 配布されたトークンが値上がりする可能性がある

それでは、エアドロップのメリットについてご説明しましょう。

無料で貰える

エアドロップの最大のメリットは、何と言っても仮想通貨やトークンが無料でもらえることです。

ノーリスクで、「将来価値が上がるかもしれない資産」を手に入れられます。

そもそもの目的は仮想通貨やトークンの知名度や流動性の向上、ユーザー数の増加なので、イベントが開催されていれば参加してみるといいでしょう。

もらえるのはわずかな草コインですが、仮想通貨やトークンを購入せずに無料でもらえるだけでも大きなメリットだと言えるでしょう。

 

貰ったコインには将来性がある

エアドロップでもらった仮想通貨やトークンには、将来性があるものもあります。

ほんのわずかな量ではありますが、その中には将来的に何十倍にも100倍にもなる仮想通貨やトークンがもらえる可能性があるのが大きなポイントです。

将来性を求めてエアドロップに期待するのも一つの手段になるでしょう。

bitbankのエアドロップで付与されたBOBAトークンは、エアドロップ後にすぐ上場されました。

マイナーな通貨でしたが、今回のエアドロップと上場によって、徐々に知名度を上げてきています。

知名度の少ないうちから通貨の保有ができるので、将来性に期待が高まれば、無料で大きな利益を得る見込みもあります。

» bitbankの公式サイト

 

仮想通貨エアドロップのデメリット

仮想通貨やトークンがもらえるエアドロップには複数のメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

デメリットはメリット以上に重要なポイントになるので、エアドロップを狙う場合はどんなデメリットがあるのか知っておくことが大切です。

エアドロップのデメリット

  • 個人情報を悪用される可能性がある
  • 詐欺を目的としている場合がある
  • 税金が発生する可能性がある

それでは、エアドロップのデメリットについてご説明しましょう。

 

個人情報を悪用される可能性がある

エアドロップを狙う場合、仮想通貨やトークンをもらうために個人のメールアドレスを入力する必要性がありますが、そのメールアドレスを運営側に悪用されてしまう可能性があります

もちろん全ての取引所が悪用するわけではありません。

しかし、見境なしにユーザーに大量に広告を送ったりパスワードが他に使えないか試したりするなど、様々なことに悪用される可能性があるでしょう。

運営側は投資家のメールアドレスをハッキングしようと狙っている可能性がありますが、本当に信頼できる取引所なのか確認することが大切です。

 

詐欺を目的としている場合がある

取引所にメールアドレスやパスワードを入力することになりますが、個人情報を悪用するような運営側が詐欺を目的としている可能性があります。(参考:ApeCoinエアドロップなど偽装、有名Twitterアカウントを乗っ取るフィッシング詐欺が発生)

運営側がユーザーの個人情報を得た時に、ユーザーになりすますために「パスワードを教えてください」と言われることがあるかもしれません。

そこでパスワードを教えた場合、ユーザーになりすまして自分が所有していた仮想通貨やトークンを根こそぎ奪い取られてしまうでしょう。

まともな運営であればこちらのパスワードを要求するようなことは万に一つも絶対にあり得ないことなので、パスワードを要求する運営は全て詐欺だと思うのが得策です。

また、怪しいエアドロップに参加しウォレットアドレスが知られる事で、詐欺目的の危険なトークンが送られてくるケースもあります。

トークンを貰えるのデメリットがないと考えられやすいですが、危険なトークンは売ろうとするとウォレットの中身を抜かれたり、損害を負わされるものもあるのです。

怪しいエアドロップがあっても参加を控える事がベストですが、仮に送られてきたら無視をするか、別のウォレットに資産を移し替えておきましょう。

 

税金が発生する可能性がある

エアドロップを利用する上で気を付けておきたいのが、税金が発生する可能性があることです。

エアドロップでもらえる仮想通貨やトークンのほとんどは市場価値がついていないため、その時点では税金が課税されることはありません。

しかし、その仮想通貨やトークンが上場して利確した場合は課税対象になるので注意が必要です。

後々面倒なことにならないためにも、税理士に相談するなどして対策することが大切です。

 

まとめ

エアドロップは無料で仮想通貨やトークンを配布してくれるお得なイベントです。

もちろん無料で配布してくれるだけあってもらえるのはほんのわずかな量ですが、中には将来的にとんでもない価値に成長することもあります

ただ現状国内の取引所ではほとんどエアドロップが行われていません。

海外の取引所で開催されているエアドロップはセキュリティ面などの心配をする方も多いと思います。

そんな中でも、直近ではbitbankがOMG保有者に対してBOBAトークンの配布をした事が話題となりました。

今後も積極的にエアドロップを開催する可能性があると言われています。

どの取引所で取引を始めようか迷っているのであれば、是非bitbankをチェックしてみてはいかがでしょうか。

-仮想通貨

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ