【2022年】ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の見通しや予想を解説

今回はビットコインキャッシュ(BCH)の今後の見通しや予想を徹底解説していきます。

2022年の価格予想や値動きを知りたいという方は是非最後までこの記事を読んでみてください。

この記事のポイント

  • ビットコインキャッシュの現在の価格動向をわかりやすく解説
  • ビットコインキャッシュとビットコインの違いとは?
  • ビットコインキャッシュの将来性を徹底予想
  • ビットコインキャッシュを取引するにはコインチェックが一番最適!

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

そのため、名前は似ていますが性能や価格は全くの別物です。

気になる価格はビットコインと連動する傾向があり、これからもビットコインの価格上昇に伴って値上がりする可能性があります。

まだ保有していないという方はコインチェックで入手することができますので、是非コインチェック公式サイトをチェックしてみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

【2022年9月】ビットコインキャッシュ(BCH)の現在の価格動向

ビットコインキャッシュは、2022年9月6日時点で¥17,453.49前後の価格になっています。

4月の中頃に2021年の最高値を更新し、短期的には下落していますが、2021年の5月に再び2021年の最高値を更新しました。

しかし、5月19日にビットコインが大きく暴落し、それに釣られて仮想通貨相場全体が暴落。

ビットコインキャッシュ(BCH)も同様に一気に価格が下落し、15万円台から8万円台まで価格が下がる結果となりました。

基本的にビットコインとある程度連動した価格変動はあるものの、あくまでビットコインとは別の仮想通貨なので、価格の動向については冷静に判断するようにしましょう。

ビットコインキャッシュは2020年4月8日に半減期を迎えたことによって、価格の変動については注目されています。

以下は、直近1年間でのビットコインキャッシュ価格動向です。

当時の価格が2万7000円ほどで推移していたため、その時と現在を比べると大きく下落したと言えるでしょう。

もちろん、仮想通貨業界の成長によって現在の価格よりも上昇する可能性はありますので、今後も十分に注目をしていきましょう。

ビットコインキャッシュを取引するなら、初心者の方でも使いやすいコインチェックの公式サイトをチェックしてみてください

» コインチェックの公式サイト

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格が上がる要因

それでは、現在までの価格動向を元にビットコインキャッシュの価格が上がる要因を分析していきます。

これからビットコインキャッシュへの取引をしようと思っている方は、こちらの情報を参考にしてみてください。

国内の取引所への新規上場

ビットコインキャッシュは、将来的に国内の取引所に新規上場する可能性があります。

新規上場というのは、取引所で新たな仮想通貨を取り扱うということです。

仮想通貨の取引所では、単に新しい仮想通貨を取り扱うわけではありません。

新しい仮想通貨を取り扱う場合は、その通貨の将来性や、セキュリティなど総合的に判断し、上場の決定を行ます。

ということは、少なくとも新規上場する際、仮想通貨には期待値も含めて価格が上昇する傾向にあります。

そして、ビットコインキャッシュを取り扱っていない日本の取引所もあるので、常にアンテナを立てておくようにしましょう。

 

ビットコインキャッシュのアップデート

ビットコインキャッシュは、ブロックチェーンの仕様変更等を繰り返しており、世界情勢に合わせた臨機応変な対応や機能の向上が期待できます。

2020年5月にも、機能や仕様をアップデートするハードフォークを実施しています。

今後も定期的にハードフォークが繰り返されることで、より使いやすい仮想通貨へと発展する可能性があるでしょう。

アップデート前には需要の増加を予想し価格が上昇しやすいという特徴もあり、将来性がある仮想通貨として注目されることで知名度上がることは充分に考えられます。

 

決済サービスにビットコインキャッシュの導入

仮想通貨は、様々なサービスに利用されることでその価値が上昇します。

一番メジャーなサービスとしては、決済サービスですね。

電子マネーと同様に実店舗や実取引での決済に利用できることで、現金通貨と同様のサービスを受けることができます。

日本では、まだまだ仮想通貨を実取引の決済に使用することが浸透していません。

ただし、中国では、決済・チャットアプリの WeChat にビットコインキャッシュの送金が行えるウォレット機能が追加されるなど、ビットコインキャッシュを利用できる場面がさらに期待されます。

今後、日本のみならず世界の決済に対応することで、ビットコインキャッシュの価値は上がっていくことでしょう。

 

海外の取引所で基軸通貨として導入される

基軸通貨は、取引所のメインとして取り扱う仮想通貨です。

法定通貨で言えば日本は円、アメリカはドルと取引を主導する通貨を指します。

多くの取引所は、ビットコインを基軸通貨としています。

ただし、海外の一部の取引所では、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用しており、将来性や需要を見込んでいる動きもあります。

今後、基軸通貨としての取り扱いが増えれば、市場価格も上昇すると考えられています

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の見通し・予想

それでは今後の見通しについて詳しく解説していきます。

ビットコインキャッシュ(BCH)が利用されるサービスの登場

Bitcoin.comが2020年6月にビットコインキャッシュをメールアドレス宛てに送付できるサービスを開始しました。

Bitcoin.comとは?

ビットコインやビットコインキャッシュに関する情報提供やツールの開発を行っている

これは、受け取り側の仮想通貨入金アドレスを知らなくても送金ができます。

仮想通貨入金アドレスのかわりに、メールアドレスを送金時に入力することで仮想通貨の送金が可能になります。

従来の仮想通貨の入出金には、口座アドレスが必須ですし、送金アドレスと入金アドレスがあるため、間違った送金により資産を失うリスクがありました。

このサービスが浸透すれば、入出金によるリスクも軽減されることでしょう。

このように、関連サービスが拡大されていくことでビットコインキャッシュの需要が生まれ、市場価格の上昇につながります。

 

半減期を2020年4月に終えている影響

仮想通貨の今後を見通す上で、いくつかのポイントがありますが、その1つは半減期です。

半減期とは?

マイニング報酬が半分にして、発行量を調整するタイミングのこと。

半減期がないと、仮想通貨すぐに発行限度枚数に達してしまい、インフレを起こす要因になってしまいます。

そういったことがないように、半減期という仕組みで調整しています。

一般的に「半減期=価格上昇の可能性が高い」と思われがちですが、実はそのように考えるのは複数の要因を考慮しないといけません。

影響を与える要因の1つにマイナーの減少が想定できます。

半減期を迎えることによって、BCHのマイニング報酬が半減してしますのでマイナーたちの得られる報酬がそのまま少なくなってしまいます。

仮に採算が合わないというマイナーが多数現れた場合は他の通貨(BTCなど)でのマイニングにシフトすることに繋がりかねません。

これはつまり、BCHのハッシュレートの低下、セキュリティリスクの増加を意味しています。

これはファンダメンタル的に見て、ネガティブな要素と捉えることができるためハッシュレートが今後下がり続けると価格が下がっていく可能性があります。

実際にハッシュレートの推移を確認すると約50%のハッシュレートの下落が起きましたが、その後1ヶ月ほどかけてハッシュレートが4月の水準まで戻りました。

その後は、徐々にハッシュレートが下がっているというデータがあります。

半減期が起こるということに付随した状況を見極めた投資判断が必要になってきますので注意しましょう。

ただし、これを踏まえた上で価格チャートの推移を確認していきます。

半減期を迎えるも仮想通貨の上がり相場に乗り、価格が大きく上昇を始めています。

仮想通貨相場においてはファンダメンタルにおける悪材料と市場の動きが正反対になることも多々ありますので総合的に判断して投資時期を決めてみてください。

 

【2022年】ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格予想

ビットコインキャッシュは、まだまだ発展途上の仮想通貨です。

前述の通り、アップデートや関連サービスの追加、新規上場などの要因により、市場の期待値は高くなると思われます。

また、ロジャー・バー氏がビットコインキャッシュを支持しています。

ロジャー・バー氏は、アメリカで有名な投資家として知名度があり、現在は日本に移住しています。

2017年10月に、ロジャー氏が、ビットコインキャッシュが本物のビットコインとコメントしており、この話題を受けてビットコインキャッシュは高騰し、1日で22%価格が上昇しました。

そのロジャー氏が、ビットコインキャッシュを支持することで市場の知名度、期待値はさらに高まることでしょう。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の買い時

ビットコインキャッシュの買い時ですが、2022年7月時点では、目立ったリリース等はありません。

2020年は、仮想通貨市場の全体が価格上昇傾向にあり、買い時でした。

また、2021年度については、2020年度の急激な価格上昇が継続するという見方があります。

実際に2021年1月〜5月に仮想通貨の相場が全体的に高騰しています。

2022年9月6日時点で、仮想通貨市場全体が調整期間に突入したと思われるので、上半期のビットコインキャッシュの価格と比べると非常に買われやすくなりました。

そのため、今まで入手できなかったという方は、この機会に入手を検討してもいいかもしれません。

多くの通貨が2016年に到達した最高値を更新してるという背景を踏まえると、6月現在¥14,255.80ほどのビットコインキャッシュは再び40万円ほどまで上昇する可能性もあります。

市場全体が期待感に包まれているという状態ですので、価格が比較的低いビットコインキャッシュを保有しておくのも検討してみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い

2017年8月1日、ビットコイン初の分裂(ハードフォーク)により誕生した暗号資産(仮想通貨)です。

ハードフォークとは?

以前のブロックチェーンとは互換性がないアップデートを行うこと

過去ビットコインは取引量の拡大に伴い、処理速度が低下する問題が発生しました。

それに伴い、取引データを圧縮する方法とネットワーク処理速度を向上させる方法の2つに分けれました。

その際、後者の方法で誕生したのがビットコインキャッシュになります。

ハードフォークを行うと、以前使っていたブロックチェーンを使うことができなくなるので、古いブロックチェーンと新しいブロックチェーンが2つ存在することになります。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークにより生まれた新しい仮想通貨なのです。

ビットコインキャッシュの誕生については、「ハッシュウォー」と言われるビットコインABC派とビットコインSV派の対立が背景にあります。

この2つのグループはビットコインキャッシュの開発概念に対立が生まれたため、ハッシュレートによって正当性を獲得しようとマイニング戦争になりました。

ブロックチェーンの意思決定においては、ハードフォーク後に生成されるチェーンが長い方に正当性が与えられるという性質があるため、両者はハッシュレートをビットコインキャッシュのマイニングに費やしたのです。

結局この対立に決着がつかず、ビットコインABC派が開発する仮想通貨をビットコインキャッシュ、ビットコインSV派が開発する仮想通貨をビットコインSVと呼ぶようになりました。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入できる仮想通貨取引所

それではここまでの情報を踏まえて、ビットコインキャッシュを購入できる仮想通貨取引所を紹介します。

これからビットコインキャッシュを購入しようと思っている方は、こちらの情報を参考にしてみてください。

 

コインチェック(Coincheck)

名前 コインチェック
公式サイト コインチェックの公式サイト
銘柄数 19銘柄
取引単位 500円
提供サービス 仮想通貨取引所
仮想通貨販売所
仮想通貨のつみたて投資 他

ビットコインキャッシュの購入に最適な取引所はコインチェックです。

既にCMを放送しているので、この会社を知っている方は多いかもしれませんね。

19種類の仮想通貨を取り扱っているので、多くの通貨を購入し保有することができます。

ビットコインキャッシュに限らず、別のアルトコインも取引可能ですので非常に便利です。

また、最近では貸暗号資産というサービスや、仮想通貨の積立投資が可能なサービスをリリースしているので、益々利便性が向上しました。

まだコインチェックのアカウントがないという方は、是非コインチェックの公式サイトコインチェックの評判や口コミで詳細を見てみてください。

» コインチェックの公式サイト

 

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー トップページ
名前 bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイト bitFlyerの公式サイト
通貨数 17種類
取引単位 0.00000001BTC
提供サービス 仮想通貨取引所
仮想通貨販売所
ビットコイン積立投資

次に紹介するのはビットフライヤーです。

この会社はコインチェックと同じく多くのアルトコインを取り扱っているのが特徴です。

実際にビットコインキャッシュも購入できますので、投資をスタートさせる方でも安心して使うことができます。

また、コインチェックと同じく仮想通貨の積立投資が行えるサービスをリリースしています。

分析ツールが使いやすくテクニカルチャートをみて取引をしたいという方には重要な取引所になりますので、まだ口座がないという方は是非ビットフライヤーの公式サイトから詳細を見てみてください。

» ビットフライヤーの公式サイト

 

Huobi Japan

名前 Huobi Japan(フォビジャパン)
公式サイト Huobi Japanの公式サイト
通貨数 14種類
取引単位 0.00001 BTC
提供サービス 仮想通貨取引所
仮想通貨販売所
貸暗号資産
つみたて暗号資産

次に紹介する仮想通貨取引所はHuobi Japan(フォビジャパン)です。

HuobiJapanは、「フォビトークン(HT)」という取引所オリジナルの通貨を取り扱っています。

フォビトークンは単に売買による差益を狙えるだけでなく、保有量に応じて取引所(板取引)での取引手数料が安くなるというメリットを有しています。

なお、フォビトークンによる取引手数料割引ランクはLV.1~LV.8まであり、最大で92%まで手数料が割引されます。

Huobi Japanを手掛けるHuobiグループは、2019年に第三者機関(ICO Rating)からセキュリティ世界最高水準のお墨付きを受けており、その技術を用いているHuobi Japanも高いセキュリティ性能を誇ります。

  • コールドウォレット(オフラインのウォレット)で、ユーザーの仮想通貨を管理
  • マルチシグを採用して、秘密鍵を複数カ所に分散管理
  • 不正アクセス防止のために、二段階認証を採用

これらのセキュリティ技術が用いられてます。

併せてアカウント作成をしておくとリスクヘッジにもなりますので、アカウントがない方は是非公式サイトをチェックしてみてください。

詳しくはHuobi Japanの公式サイトHuobi Japanの評判や口コミを見ていきましょう。

» Huobi Japanの公式サイト

 

【2022年】ビットコインキャッシュの今後の見通しまとめ

今回はビットコインキャッシュの見通しや予想について詳しくまとめていきました。

これからビットコインキャッシュの取引をしようと思っている方は、是非この記事の情報を参考にチェックしてみてください。

この記事のまとめ

  • ビットコインキャッシュは、アップデートなど常に進化をしている
  • ロジャー・バー氏を広告塔とした、仮想通貨としての知名度上昇に期待
  • 海外ではすでに決済通貨として取り扱っている事例もある

ビットコインキャッシュは定期的にアップデートを行い機能性をどんどん向上させています。

仮想通貨市場の成長と共に価格が上昇していくことが期待されますので、まだ保有していないという方はぜひ取引を検討してみてください。

購入には大手取引所であるコインチェックが最適の取引所と言えます。

» コインチェックの公式サイト

 

-アルトコイン

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ