【無料あり】NFTアートを作るおすすめアプリ5選【初心者向け】

NFTアートを作ってみたいけどアプリとかあるのかな?初心者でも簡単にNFTアートが作れるおすすめのアプリを教えてほしいです。

こんな悩みを解決する記事を書きました。

 

本記事の内容

  • そもそもNFTとは?
  • NFTアートを作るアプリ5選
  • NFTアートの出品方法
  • NFTアートを売るコツ【マーケティング必須】

 

本記事の信頼性

筆者はNFTアート作品を出品し、販売しています。さらにブログやメディアでNFTに関する記事を執筆しており、信頼担保につながるかと。

 

ここ最近NFTアートが人気を集めており、個人でもNFTアートで稼ぐ人が増えてきました。

8歳の子供が描いたNFTアートが160万円で売れており、TVニュースでも報じられました。

 

 

こうした状況を受けて、自分でもNFTアートを作って出品してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はNFTアートを実際に販売して完売させている僕が、NFTアートを作るおすすめアプリを5つ厳選してご紹介します。

 

NFTアートの出品のやり方も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、NFTアートを始めるには仮想通貨取引所の口座が必須です。まだ持っていない人はコインチェックで口座開設をしておきましょう。無料なのでサクッと開設できます。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

そもそもNFTとは?

NFTとは「Non−Fungible Token」の頭文字をとった言葉で、「代替不可能なトークン」という意味です。

【保存版】NFTとは?仕組み・特徴・活用事例をわかりやすく解説!

 

代替不可能であることは、この世にひとつしか存在してしないということ。

 

従来はネット上に動画や画像などのコンテンツを掲載すると、ネット上で自由に複製・拡散されてしまい、クリエイターに十分な報酬が入らないという問題がありました

 

その問題を解決するために、ブロックチェーンの技術を活用し、デジタルコンテンツをNFTアートにしてネット上で唯一無二の存在にします。

 

こうすることでデジタルコンテンツが複製できなくなるため、クリエイターの権利を守ることができます。

 

またクリエイターを守る為だけではなく、NFTとアートが融合したことで、コンテンツの希少性とアート作品としての芸術性がプラスされ、新しい価値が創造されています。

 

NFTがなぜ売れるのかについては、NFTはなぜ売れる?売れる理由や売れるもの、売るコツを徹底解説で詳しく解説しています。

 

NFTアートを作るおすすめアプリ5つ

NFTアートを作るおすすめアプリは以下の5つ。

NFTアートを作るおすすめアプリ

  1. 8bit painter
  2. ibis paint X
  3. pixelable
  4. ドット絵エディタ
  5. illustrator

 

順番に解説します。

 

①8bit painter

8bit Painter

8bit Painter

Takayuki Miyagawa無料posted withアプリーチ

8bit painter初心者でも簡単にスマホでドット絵が描けるアプリです。

 

無料で使えるので、お試しでNFTアートを作ってみたい方におすすめです。

 

さらに必要最低限の機能だけを厳選しているので、初心者でも迷うことなくドット絵を作ることができます。

 

ドット絵だと絵心が無くてもタップだけで簡単に描けるので、興味があるなら始めてみましょう。単純なドット絵でもNFTにすると人気が出る場合もあるので、やらないと損かもです。

 

②ibis paint X

アイビスペイントX

アイビスペイントX

ibis inc.無料posted withアプリーチ

ibis paint Xはスマートフォンやタブレットで本格的な絵を描くことができます

 

お絵かきアプリの中で、最もユーザーが多いアプリです。

 

さらにスマホ対応のお絵描きアプリの中で最も多機能であり、凝った絵を描きたい方にもおすすめです。

 

③pixelable

Pixelable - ドット絵エディター

Pixelable - ドット絵エディター

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

pixelableは多機能なドット絵作成アプリです。キャンバスサイズ(5px~256px)を1px単位で変更できるので細かな点にもこだわって作成可能です。

 

ペンや塗りつぶしなどの標準機能に加えて、レイヤー機能や図形機能など幅広い機能が備わっています。

 

ドットを塗る際にはペンでも指でもどちらでも塗れるので、サッと簡単に塗りたい場合は指を選択すると時短になります。

 

幅広い機能を使いたい人におすすめのアプリです。

 

④ドット絵エディタ

ドット絵エディタ - Dottable

ドット絵エディタ - Dottable

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

ドット絵エディタも簡単にドット絵を作成することができます。

 

レイヤー編集、キャンバスサイズ設定やトレース機能など無料ながら多彩な機能がウリです。

 

操作もシンプルでわかりやすいので初心者にもおすすめです。

 

⑤illustrator

Adobe Illustrator: グラフィックデザイン

Adobe Illustrator: グラフィックデザイン

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

最後はillustratorです。

プロも使用する本格ツールであり、できないことは無いと言っても過言ではありません。

無料アプリの機能では物足りなくなってきたら、導入を検討しても良いかと。

 

NFTアートの出品方法

NFTを出品する方法は以下の通りです。

NFTを出品する方法

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. デジタルコンテンツをNFTにする
  3. ウォレットに登録されたNFTを出品する

 

NFTの出品・販売については【超簡単】OpenSeaを始める3つの手順【完全初心者向け】で詳しく解説しているのでよかったらそちらも参考にしてください。

 

①仮想通貨取引所の口座を開設する

事前準備として仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

NFT出品時に手数料としてイーサリアムなどが必要になるためです。

まずは、以下のリンクからビットフライヤーにアクセスします。

ビットフライヤーでは簡単に口座を開設できるので、トップページの「口座開設(無料)はこちら」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

イーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはビットフライヤーに日本円を入金します。

ホーム画面の「入出金」→「入金」で日本円を入金できます。

入金方法には「銀行振込」、「ネット銀行振込」、「コンビニ入金(2022/713より一時停止)」の3つから選択可能です。

ビットフライヤーに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所」→「ETH/JPY」→「買う」を選択して購入できます。

 

②デジタルコンテンツをNFTにする

続いて、自身が作成したデジタルコンテンツをNFTにします。

OpenSeaにログインした状態でトップページの「マイコレクション」を選択しましょう。

「Create a collection」をクリックします。

「コレクションを作成」のページが表示されるので、作品をアップロードして必要項目を入力してください。

最低限であれば作品のアップロードと作品名だけ入力して最後に「Create」ボタンを押せば、このようなページが表示されてNFTアートが完成します。

 

自身のプロフィールページでも自分のコレクションが増えているか確認しましょう。

 

これで、あなたが作った世界で一つのNFTアートが完成しました。

 

③ウォレットに登録されたNFTを出品する

次に、OpenSeaNFTを出品しましょう。

自分のアカウントページからコレクションを選択して、画面右上の「Sell」を選択します。

すると、NFTの販売方法が選択できるページに移動しますので、売りたい方法を選択して販売します。

 

販売方法には以下の方法があります。

 

販売方法

  1. 固定額販売
  2. オークション
  3. ダッチオークション
  4. プライベートセール

 

①固定額販売

固定額販売とは、最初に設定した価格でNFTを販売する方法です。

固定額販売でNFTを販売したい場合、

「種類」から「固定価格」を選択しましょう。

「価格」で販売価格を設定して、

「期間」で販売期間を設定し、

「リスティングの掲載を完了」を選択すれば出品が完了します。

 

②オークション

人気のあるNFTで、購入希望者が多い場合はオークション形式でNFTを販売できます。

購入希望者のうち、販売期間終了までに一番高い金額を提示した買い手がNFTを購入できます。

オークションを選択する場合は「種類」から「時間指定オークション」を選択しましょう。

「Method」は「Sell to highest bidder 」を選択します。

「Starting price」に開始価格を設定します。

「Duration」で販売期間を設定します。

 

また、「Include reserve price」をオンにすると、最低落札価格を設定できます。

 

最低落札価格を設定すると、設定した金額より高い金額が提示されないと、NFTを販売する必要がありません。

たとえば、最低落札価格を10,000円に設定していた場合、最終的に購入希望価格が8,000円までしか届かなかった場合、そのオークションを無効にできます。

どうしても販売したい最低金額が決まっている場合は、設定しておくとよいでしょう。

 

③ダッチオークション

ダッチオークションとは、時間がたつに連れて徐々に価格が下がっていく販売方法です。

通常のオークション形式と違い、入札が入った時点で取引が成立するので、価格設定がよければ販売するまでにかかる時間が早いのが特徴です。

ダッチオークションを選ぶ場合は、

「Type」から「Timed Auction」を選び、

「Method」は「Sell with declining price 」を選択します。

「Starting price」で開始価格を設定して、

「Duration」には販売期間を設定します。

「Ending price」に最終的に止まる金額を設定します。

「Starting price」から「Ending price」までの価格を「Duration」で設定した期間によって徐々に価格が下がっていきます。

 

④プライベートセール

特定の相手にNFTを販売したい場合は、プライベートセールを選択することもできます。

プライベートセールを選択する場合は、まず

「Type」から「Fixed Price」を選択します。

そして、「More options」を選択して、「Reserve for specific buyer」の項目をオンにします。

すると、ウォレットアドレスを入力する欄が表示されるので、販売したい相手のウォレットアドレスを入力しましょう。

 

NFTアートを売るコツ【マーケティング必須】

NFTアートを売るコツは以下のとおりです。

 

NFTアートを売るコツ

  1. コンセプトをきちんと考える
  2. SNS等で宣伝をする
  3. 最初は少額で販売してみる

 

適当に書いたドット絵をNFTにしてもおそらく売れません。

 

なぜなら、あなたがNFTを販売していることを誰にも知られていないからです。

 

そのためにSNSやブログ等で宣伝をきちんとして認知度を上げる必要があります。

 

そして買いたくなる・集めたくなるようなコンセプトをしっかりと決めておく必要があります。

 

Cryptopunksなどはバリエーションが豊富で集めたくなりますよね。

あとは最初は500円くらいの安価な価格で出品し、誰でも気軽に買いやすいようにすることもコツです。

 

この辺のNFTを売るコツについては、【イケハヤ氏に学ぶ】NFTを売る際に重要なことは「マーケティング」で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

NFTで売れるもの

NFTを作成して売れるものは以下のとおりです。

NFTとして売れるもの

  1. イラスト
  2. 写真
  3. 動画
  4. 音楽
  5. トレーディングカード
  6. その他デジタルデータ

 

①イラスト

イラストはNFTアートとして最も一般的です。

たとえば、以下の画像ような感じですね。

出典:boredapeyachtclub

上記のようなイラストを1~50枚程度NFT化し、コレクターアイテムとして販売することが可能です。

有名なイラストNFTは以下のようなものがあり、いずれも数億円の取引規模となっています。

  • Cryptopunks
  • Bored Ape Yacht Club
  • Mutant Ape Yacht Club
  • Clone X
  • Azuki

 

イラストが描ける人であればそのままNFTにできますし、ココナラなどでイラストを外注してNFTにすることもできます。

TwitterなどのSNSではNFTアートをアイコンにするのが流行っているので、今後も一定のニーズが見込めます。

そのため、NFTを売るのが初めての人でも着手しやすい分野と言えます。

 

NFTを販売するまでにやったことを以下の記事でまとめているので、NFTを売りたい方は参考にしてください。

 

イラストをNFTにして売る方法については、以下で詳しく説明しています。

>>【初心者向け】最も簡単なNFTアートの作り方【5ステップで解説】

 

②写真

写真もNFTとして売ることができます。

スマホの中にある写真をNFTにすれば、撮影などの手間をかけずにNFT作品を作成できます。

実際に、インドネシアの大学生が自撮り写真をNFT化して販売し、売上が1億円を超えて話題となりました。

自撮りといっても、毎日PCの前に座る自分を撮影した簡単なものです。

有名シェフが購入し、自分のSNSで紹介したのをきっかけに爆発的な人気となり、ある作品は35万円を超えるなど一躍ブームとなりました。

このように手の込んだ写真でなくても、NFT化することで何かのきっかけでバズり大量購入される可能性を秘めています。

写真をNFTとして売るためのコツについては、写真をNFTにして販売する方法【徹底解説】で詳しく解説しているのでよかったら参考にしてください。

 

③動画

イラスト・写真のような静止画だけではなく、動画もNFTとして売ることができます。

動画にすることで情報量が多くなるため、写真よりもストーリー性をもたせたアート色の強い作品にできます。

実際に、VRアーティトのせきぐちあいみさんの作品「Alternate dimension 幻想絢爛」が約1300万円で落札され、大きな話題となりました。

幻想絢爛は、せきぐちさんの最初のNFT作品であり、限定1点のみということからかなりの高額で落札されました。

動画撮影や編集はスマホアプリでも可能なので、試しにNFTにしてみることで思わぬ価格がつくかもしれません。

動画をNFTにして売るためのコツは、NFT動画の作り方・販売方法とおすすめプラットフォームを徹底解説で詳しく解説しています。

 

④音楽

音楽もNFTとして売ることが可能です。

楽曲自体をNFTとして販売したり、そのNFT所有者限定の楽曲配布などの特典をつけることもできるので、プロミュージシャンも音楽NFTに参入しています。

例えば、ミュージシャンの小室 哲哉氏は自身の楽曲「Internet for Everyone (Mix & Stems)」をオークション形式で販売しています。

元楽曲をパートごとに6トラックに分解し、それぞれのデータをNFTとして販売しています。

小室氏は他にもイノフェスで即興で作った音源をNFTとして販売しており、NFTへの関心が高いことが伺えます。

トップミュージシャンである小室哲哉氏が音楽NFTをリリースすることで、音楽をNFT化する動きが加速しそうです。

音楽をNFTにして売る方法はNFT音楽とは?特徴や作品の作り方・売り方・販売方法について解説で詳しく解説しています。

 

音楽を聴いて仮想通貨が稼げる

最近では音楽を聴いて仮想通貨が稼げるListen to earnアプリ「Pentaが登場しており、注目を集めています。

今後正式なアプリがローンチされる予定なので、今のうちに始めると先行者利益が得られるかと。

>>音楽を聴いて仮想通貨がもらえるNFT「PENTA(ペンタ)」とは?概要や特徴、始め方を解説

 

⑤トレーディングカード

トレーディングカードもブロックチェーンを活用して、NFTトレカとして売ることができます。

NFTトレカそれぞれの所有者が明確になっており、発行枚数が限られていて複製不可能なので1枚1枚に高い希少性があります。

例えば、発行枚数が100枚しかないNFTトレカはかなりの高額で取引されることになります。

以下のような日本のアイドルグループもNFTトレカを販売しており、即日完売するなど大きな人気となっています。

NFTを発行しているアイドルグループ

  1. SKE48
  2. BABYMETAL
  3. ももいろクローバーZ

NFTトレカの買い方などについては、【2022年版】NFTトレカとは?仕組みや購入方法をわかりやすく解説で詳しく解説しています。

 

⑥その他デジタルデータ

正直な所、デジタルデータにできるものは、なんでもNFT化して売る事ができます。

Twitter社のCEOであるジャック・ドーシー氏の初ツイートをNFTとして高額取引された例もあります。

その他、以下のようなあらゆるものがNFT化可能です。

NFT化できるもの

  • ライブチケット
  • ゲームアイテム
  • トレーディングカード

 

そのため、今後はあらゆるものをNFTとして資産性を持たせた形で販売する機会が増えていくはずです。

>>NFTは何が売れる?売れるものや実際の販売手順を徹底解説

 

【初心者向け】最も簡単なNFTアートの作り方【5ステップで解説】

 

NFTアートに関するQ&A

最後にNFTアートに関する質問にお答えします。

 

①NFTアートは無料で出品できる?

NFTを出品する際に手数料(ガス代)がかかります。

たとえばOpenSeaでは初回の出品時に日本円で約5,000円~1万5,000円程度の手数料が発生します。

ちなみに手数料は初回の出品時だけに必要で、それ以降は発生しません。

 

②NFTアートは未成年でも販売できる?

販売できます。

海外取引所BINANCEであれば18歳以上なら口座開設可能です。

BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

もしくは親が代行して出品しているケースもよく見受けられます。

 

③NFTアートの利益は税金がかかる?

税金がかかります。

日本円換算で年20万円以上の利益があれば確定申告をする必要があります。

詳細は税理士や税務署に確認しておきましょう。

 

NFTアートの作成は簡単!さっそく始めてみよう

今回はNFTアートを作成できるアプリを紹介しました。

NFTアートは始めるのが難しそうに見えますが、無料アプリで簡単に始められます。

今回紹介したNFTアート作成アプリを使ってみて、お試しでOpenseaに出品してみましょう。

NFTアートの作り方についてこちらの記事で詳しく解説しています。

【初心者向け】最も簡単なNFTアートの作り方【5ステップで解説】

 

なお、NFTアートを出品する際はイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

NFTアートに興味がある方は、アプリが使いやすいビットフライヤーで口座を無料開設してイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

» コインチェックの公式サイト

-NFTアート

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ