NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある【稼ぐコツを解説する】

「NFTアートを作ってみたけどあんまり売れないな…。売るためのコツとかってありますか?マーケティングってどうやればいいんですか?」

 

今回はこういった悩みに答えていきます。

 

本日の内容

  • NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある
  • マーケティングが上手なNFTアーティスト
  • トップNFTクリエイターにインタビューしてみた

この記事を書いているぼくは、NFTを最前線で取引してきました。
NFTの情報発信していますので、信頼担保に繋がるのかなと。

 

NFTアートが売れない理由は「マーケティング」にある


マーケティングなしでNFTアートを売ることはできません。

 

なぜ、マーケティングなしでNFTアートは売れないのか

理由は、発信者が多いからです。

昭和時代なら、いい作品をつくれば売れたと思います。
なぜなら希少価値が高いから。

資本主義社会では「希少なもの=価値のあるもの」という認識なんですよ。ダイヤモンドが「そのへん」に落ちていたら、誰も買わないですよね。

そして最近はインターネットの普及により、全国民が発信できます。世の中がコンテンツであふれていることは、自然現象なのです。

あふれる作品のなか、あなたの商品を手にとってもらうためにはどうすればいいのか?

それがマーケティング力(商品を届ける力)を磨くことなのです。
大まかな概要が理解できたのではないのでしょうか。

 

マーケティング力を磨きあげる方法

結論として、上手な人をまねることです。

書籍学習もできますが、オススメできません。

理由は2つあって、NFTアートのマーケティングノウハウが出回っていないのと、実際に手を動かしながら学ぶほうが効果的だからです。

ぼく自身、NFTの売買を行ってみて、大変勉強になりました。書籍学習の何倍もです。

 

売れ行きに「作品の質」は関係ない

1つツイートを紹介します。

 

上記の通り、作品の質は「売れ行き」にあまり影響を与えません。
事実、ただの文字列に「数千万円」の価値がついています。

ちなみに、ストーリーを作ったり、ブランディングをしたりするのは「マーケティング戦略」に含まれます。

「作品が売れないな…」と悩む人は、マーケティングが上手な人を参考にすることが近道です。

 

マーケティングに突出しているNFTアーティスト【売れない理由を探そう】


「あ、この人マーケティング上手だな…!」と思うNFTクリエイターをご紹介します。

  • イケハヤさん:クリプト忍者
  • おにぎりまんさん:かわいい女の子
  • Ame-Chanさん:KawaiiGirlNFT

作品が「最上質」なことを前提として解説しています。

 

その①:イケハヤさん


ツイッターVoicyメルマガ

 

1人目は、イケハヤさんです。クリプト忍者というコレクションを運営されており、10.5ETH(約400万円)で取引されています。

イケハヤさんの凄いところは「SNSマーケティング×ブランディング」です。

いろいろなSNSを使って作品の認知度をあげつつ、価値を見出す。すると、著名人やインフルエンサーが購入し始め、さらに作品の需要が高まる。このスパイラルを回しているイメージですね。

NFTの特性やコミュニティ要素を完璧に把握したマーケティング戦略。クリプト忍者を別の人がリリースしたら、ここまで価値はあがらなかったと思います。

 

その②:おにぎりまん


(作品ページTwitter)

 

2人目は、おにぎりまんさんです。「かわいい女の子」という作品を運営されており、トレードボリュームは196ETH(約9700万円)を突破しています。

おにぎりまんさんも「SNSマーケティング×ブランディング」が突出しているクリエイターです。

SNSを使って作品の認知度をあげ、価値を見出す。すると、インフルエンサーが購入し始め、さらに作品の需要が高める。イケハヤさんと同じく、このスパイラルを回している感じです。

相手の「所有欲」をうまく刺激する発信技術は、さすがです。
「かわいい女の子」も日本を代表する作品になるのではないのでしょうか!

 

その③:Ame-chanさん


(作品ページTwitter)

 

3人目は、Ame-chanさんです。かわいい女の子の作品を運営されており、トレードボリュームは14.8ETH(730万円)を突破しています。

Ame-chanさんに関しても、SNSマーケティングがお上手です。購入者限定のコミュニティを作り、そこに入る参加券としてNFTアートを販売する。もちろん、作品が高品質なことが大前提なのですが、コミュニティをうまく活用されていますよね。

 

売れるクリエイターの共通点とは

先程紹介した3名の特徴をまとめてみました。

  • ① SNSを有効活用している
  • ② インフルエンサーに拡散されている(あるいはその人に影響力がある)
  • ③ コミュニティをうまく活用している

このあたりでしょうか。
NFTに関わらず作品を売っていく時、SNSは大きな味方になりえますね。

 

まずはフォロワー1000人を集めるべし

先日にイケハヤさんとお話させて頂いた時「まずはツイッターで1000人集めろ!」とおっしゃられていました。NFTアートが売れなくて悩む人は、まずツイッター運用を頑張ってみてください。

 

SNS初心者ならGiveAwayをするべし

最近だとGiveAwayという方法を使えば、SNS初心者でもわりと簡単に伸ばしていけます。

※上記がGiveAwayです。

先日にとあるNFTクリエイターに伺ったところ、GiveAwayをして1ヶ月でフォロワー1,000人を達成できたそうです。初心者でも伸ばしていきやすいので、参考までにどうぞ。

 

トップNFTクリエイターにインタビューしてみた【売れない人の共通点】


次の方々にインタビューをさせて頂きました。

  • その①:イケハヤさん・リツさん
  • その②:ぽき/Pokiさん
  • その③:おにぎりまんさん
  • その④:砂糖薬さん
  • その⑤:Ame-chanさん

なお、インタビュー記事は「クリエイターの僕が溺愛するNFTアーティスト【インタビューあり】」でまとめています。合わせてどうぞ。

 

日本屈指のクリエイターに感じたこと

日本屈指のクリエイターさんとお話させて頂き、感じたことがあります。

  • その①:作品が高品質
  • その②:独自性がある
  • その③:発信力がある

こんな感じです。
これからNFTを作っていきたい方は、このあたりを追求してみるのもありなのかなと。

 

届けたい作品があることが大前提

  • トップ層:届けたい作品がある → NFTで届ける → お金に繋がる
  • ボトム層:お金に繋がる → NFTを利用する → 作品を作る

人気作品を作っている方は、まず届けたい作品がある。ゆえにNFTを利用する。しかし、NFTが売れない人は、お金を稼ぐために作品を作っている。

こんな感じで、因果関係が逆転しているように思えました。

 

お金ではなく愛が大切

一言でいうと、作品に対する愛があるかどうか。抽象的ですが、これが真実だと確信しています。

トップクリエイターは、作品愛が強かった。

これはブログも同様で、例えばぼくは当ブログを愛しています。ゆえに、月50万円ほど稼げるようになった。稼ぐためにブログを書いても、たぶん稼げない。

なので、これからNFTアーティストを目指したい方。あるいは、現状で目指している方は参考にしてみてください。

 

ページを読んだ97人は行動しない

この記事を読んでも、その内の97人はページを閉じて終わるだけです。まずは動いてみないと何も始まらないので、是非アクションをどうぞ。

次に繋がる行動まとめ

-NFT

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ