ビットコイン(BTC)は今後どうなるの?これからの価格予想や将来性を徹底解説

ビットコインの今後って一体どうなるの?ビットコインは暴落する…?!買い時はいつなのかな?

この記事はこのようなお悩みを解決します。

ビットコインはアップグレードであるタップルート(Taproot)が行われ、今も仮想通貨の最前線にいる通貨の1つ。

ビットコインの今後に期待している投資家たちは少なくありません。

実際に、2021年11月中旬には過去最高価格の700万円台をマークし、一時話題となりました。

一方、現在は『1ビットコイン=2,769,721円前後※』と、ステーブルコインUSTとDeFiの価格下落から、ビットコインだけでなくリップル、イーサリアムなど、仮想通貨が軒並み下落しています。

※この記事の内容は全て2022年9月8日13時00分現在の価格

結論からお伝えすると、ビットコインは長期的には、価格が上昇すると考えられており、

一部専門家の見解では『2800万円台』まで上昇するとも予想されている

今一番注目の仮想通貨(暗号資産)です。

仮想通貨の購入するのに良いタイミングや注意点についても紹介しているので、今後の参考にしてみてください。

 

ビットコインの今後の展開

  • ビットコインの今後は価格が28,000,000円台にも登ると予想されている?!
  • 今回の半減期からの回復期は、2018年の120倍まで価格変動がある可能性がある
  • ビットコインの買い時は価格変動が激しい2022年
  • ビットコインの取引所を選ぶなら手数料・使いやすさ・セキュリティをチェック
  • ビットコインの取引なら、最短即日で取引開始できる『コインチェック』がおすすめ

» コインチェックの公式サイト

 

【2022年9月8日更新】ビットコインの今後はどうなる?

ビットコインに投資しているけど、今後の見通しが気になる。

9月1日、8月後半の下落を受け、低価格帯からのスタートになっています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨に投資している人や、これから始めようとしている人は今後の価格動向が気になるでしょう。

ビットコインの価格動向ポイント

  • ビットコインの今後は価格が28,000,000円台にも登ると予想されている
  • 今回の半減期からの回復期は、2018年の120倍まで価格変動がある可能性がある

では、ビットコイン・仮想通貨の今後について解説しましょう。

価格が伸びる可能性が高いなら早くビットコインを購入したい、と考える人向けにおすすめの取引所も紹介します。

おすすめの取引所中でも一番オススメなのは、口座開設でもれなく2000円がもらえるキャンペーン中の『コインチェック』です!

 

9月の重要なファンダメンタル要素は?

ビットコインは、5月の下落を引きずり、6月も価格をなかなか戻せずに推移してきました。

そこから7月で価格を22.08%伸ばし、上昇トレンドに転換しましたが、伸びきれず8月後半に下降トレンドに転換しています。

9月もこの流れを引きずると見られ、横ばいの推移となるでしょう。

今後28,600ドルのラインから反発が成功すれば、32,659ドル台の価格も見えてくるとの期待もあります。

シンガポールの仮想通貨取引所『Independent Reserve』の調査によると、同国での仮想通貨への関心は58%上昇しているとの結果や、

DappRadarの調査では、世界的なデフレの効果で投資ヘッジとして米国での関心が40%上昇しているとの調査結果を発表しました。

こうしたポジティブな動きも今後の期待に繋がるといえます。

売買に関しては慎重になりつつも、価格が下がり切ったこの時期にビットコインを買い足しておくのはおすすめです。

 

ビットコインは今後さらに上がる?

昨年に米国で承認されたETFは先物に限られ、その後のBTC市場の需給に対する影響は限定的であったため、2021年の11月に相場が大きく反転する形となりました。

更にWHOがオミクロン株を今後懸念される変異株に指定して以降、リスクオフの流れも手伝って大きく値を下げ、上値の重い展開が続いている状況でしたが、徐々に上値も再度軽くなってきています。

一方で、ビットコインの以下のような普及・イベントに対し期待を込めて今後も価格は下支えされ上昇トレンドに転じると予想できます。

ビットコインの価格は上がる?

  • ナイキや他の大手企業などのブランドがデジタルメタバースを導入して自社製品を収益化する方法を検討しているため、強気の専門家は暗号業界が再評価されている
  • メタバースゲーム、世界、製品、および経験の台頭により、アルトコインの人気が高まり、ビットコインに対する投資家の感情が変わりつつある
  • コロナショックに対する史上最大の財政支出と金融緩和に対するインフレ懸念がさらに相場を後押しする
  • ウクライナ情勢の動向によってはビットコインへの大きな資金流入が起こる可能性も

また、ビットコインはこれまで4年周期で半減期サイクルがあると言われており、

2020年5月に半減期が起こり、現在は7.3倍の価格で取引がされています。

しかしデータソースであるEcoinometrics(https://twitter.com/ecoinometrics)によると、この数値はさらに同時期の30倍になるまで価格変動するとの見解を発表しています。

もし、これが実現されるなら近くビットコインの価格のピークは28,000,000円台に達する可能性があります。

つまり、前回のサイクルで実現した最後のピークの120倍にもなると考えられており、2022年もビットコインに注目です。

いつでもビットコインを買えるようにまずは口座開設をしておきましょう。

 

2022年のビットコインの動き

ビットコインは暴落したから、もう購入しない方がいいのでは…?

2022年のビットコインは、大きなファンダがない限りは、相場は下降傾向の調整相場を繰り返すと予想します。

しかし、株式相場によってはいくつかのシナリオも考えられます。

例えば、米インフレが高止まり(3~7%)、インフレヘッジ需要が相場の下支えとなるシナリオで年末のBTCは360万円まで調整するか、米インフレが急速に鎮静化(2%前後)しインフレヘッジの巻き戻しで相場が一段安となるシナリオでは、2022年末180万円まで下がる可能性もあります。

逆に、そしてリスクはインフレがさらに上昇(10%超)、ヘッジ需要が急拡大するシナリオで年末1200万円もありえます。

 

去年全体のビットコインの動きのおさらい

去年の初めはビットコインをはじめとする、どの仮想通貨も上昇と下落を繰り返す、値動きの激しい年となりました。

ビットコインが下落した理由

  • 英国FCAによる最初の警告
  • 中国での仮想通貨の全面禁止
  • テスラやイーロンマスクによる影響
  • 中国での仮想通貨マイニング禁止

去年年1月にFCAによって促された急落

ビットコインは、規制の問題により去年の初めに急落しました。英国の金融行動監視機構は、仮想通貨に投資する人々に「すべてのお金を失う準備をする必要がある」と警告しました。その結果、約1,750億ドルの市場価値が市場から一掃されました。

去年2月のテスラからの上げ相場

ビットコインが心配している投資家の不安を悪行してくれるのが、著名なインフルエンサーや企業の後押しです。

幸いなことに、Elon MuskはTwitterでビットコインについて言及し、1日以内に価格が11%急騰しました。

また、テスラは、15億ドル相当のビットコインを購入し、価格を48,000ドル以上に引き上げたと述べました。

Coinbaseへの株式上場

ビットコインは、Coinbaseが米国で株式を上場する前日の4月に63,000ドルを超える新記録を打ち立てました。Coinbaseは米国の仮想通貨取引所であり、Nasdaqに上場したことは、仮想通貨支持者にとって最大の喜びでした。

このニュースは、イーサリアムを含む他の暗号通貨にもプラスの影響を与えました。

中国での鉱業禁止

中国の内閣は、ビットコインのマイニングを取り締まり、金融リスクを軽減しようとし、ビットコインを転落させました。

5月の数週間で、BTCは58,000ドル以上から約32,000ドルに下落しました。この時点で、世界のBTCマイニングの中国のシェアは事実上0%に落ちています。

中国での仮想通貨の完全禁止

2019年以来、中国では仮想通貨取引は違法ですが、外国為替を通じて継続されました。

今回、当局は全面禁止を宣言してあり、中国人民銀行は、「仮想通貨関連の事業活動は違法な金融活動である」と述べています。

この発表の数日以内に、ビットコインの価格は4,000ドル以上下落しました。

規制当局の承認

米国で5番目に大きいリテール銀行であるUSBankは、ファンドマネージャー向けのビットコイン保管サービスを開始しました。

その上、バイデン政権は連邦政府機関に指示する大統領命令を発表するかもしれません。これが発効すれば、彼らは暗号市場に関する研究と推奨事項を提供する準備が整います。これはトレーダーにとって素晴らしいニュースです。

中国の禁止令などで、市場下落してしまったなら今後はどうなるの?

去年5月には一度暴落したものの、8月には価格上昇に転じています

そして、今後もビットコインの価格は伸びていくと期待できます。

ビットコインの今後が期待できる理由

  • ビットコインの知名度は高い
  • 決済通貨として国際的に普及している
  • 発展途上国で需要が増えている
  • ライトニングネットワークの使用

数ある仮想通貨の中でも知名度が高く、時価総額1位のビットコインは今後も投資主が安定して存在すると予想できます。

ビットコインを決済通貨として導入している店舗も増えているため、法整備の進展に伴って需要は高まるでしょう。

発展途上国で銀行口座を作れない人も、仮想通貨で貯蓄することが可能です。

ライトニングネットワークとビットコインの関係

ブロックチェーンの外で取引を実行するため処理負担が軽減されるネットワークにより、ビットコインシステムの信頼性が向上し、高速取引が実行できるようになっています。

値動きによって購入のチャンスが来た時のためにも予め仮想通貨取引所の口座開設をしておくのがおすすめです。

 

いつ買うべきか?ビットコインの今後の買い時を解説

今後伸びていくビットコインを、いつ買うのが正解…?

去年はビットコインの暴落と高騰が起き、価格変動が非常に激しい年になりましたが、2022年はどうでしょうか?

このようにボラティリティが大きいビットコインは、タイミング次第で大きな利益を生み出します

ビットコインの買い時は?

  • 2022年末ごろに買い時が来る可能性がある
  • 2022年は停滞気味となるか?
  • 2022年以降、ビットコインが上がる要素もいくつかある

では、2022年にビットコインを購入するのが望ましいといえる動向をいくつか説明しましょう。

COVID-19後のインフラ圧力による後押し

COVID-19後のインフレ圧力は暗号通貨への関心を高め、ビットコインの価値を以前の予測よりも高く押し上げるとの予測もありました。

明確に影響があるかは分かりませんが、金が資産の回避先になるように、今後ビットコインもコロナ下で再注目される可能性はあります。

 

各国でビットコインが法定通貨として利用される

エルサルバドルでビットコインが法定通貨に採用されたというニュースが世界的な話題になりました。

仮想通貨を法定通貨にする理由は?

国民誰もが金融サービスを受けられるようにするため。

発展途上国では銀行口座を持っていない国民が多く、日本では当たり前の金融サービスを利用できないことが珍しくありません。

しかし、ビットコインが法定通貨として認められることによりスマホやPCさえあれば、誰でも金融サービスを利用できるようになったのです。

ビットコインをはじめとする仮想通貨へのポジティブな見方が増えると、市場の動きにも影響があるでしょう。

 

希少性や採用の増加

現在流通しているビットコインは1800万から1900万に過ぎず、鋳造は2100万で停止します。業界の専門家は一貫して、この組み込みの希少性を暗号通貨の魅力の大きな部分として指摘しています。

 

マイニングサイクル

最後に、ビットコインの価格に対するもう1つの大きな影響は、半減として知られるサイクルです。それは本質的に複雑でアルゴリズム的ですが、本質的に半分にすることはビットコインマイニングプロセスのステップであり、ビットコイントランザクションのマイニングに対する報酬が半分になります。

買い時になってから慌てて口座開設をするとチャンスを逃してしまうかもしれません。

予め口座開設を済ませておいて、いつチャンスが来てもいいように準備しておきましょう。

どの仮想通貨取引所にするか悩んでいる方には、国内大手の取引所であるコインチェックがおすすめです。

 

ビットコインの今後の価格の将来性を予想

ビットコインの今後がポジティブに予想できると分かったけど、もっと具体的な将来性を知りたい。

AI(人工知能)や専門家はビットコインの今後の価格の将来性を、どのように予想しているのでしょうか。

ビットコインの今後の価格予想について

  • 【AI(人工知能)】のビットコインの今後を予想
  • 【専門家】のビットコインの今後を予想

 

【AI(人工知能)】のビットコインの今後を予想

AI(人工知能)が予想する、ビットコインの今後の価格の将来性をチェックしてみましょう。

米誌マーケットウォッチ社が仮想通貨の今後について「GPT3」に尋ねた際の回答は次の通りでした。

AIのビットコインの今後に対する見解

仮想通貨にトライするのはいいことですが、競馬に賭けるのと同じ認識が必要です。

投資は単純ですが簡単ではないため、分散・コストと税金のカット・方針の確立が求められます。

ビットコインの今後について正確な数値は出せないので、AIの回答は価格についてではなく投資についての一般的な知識になっています。

AIではありませんが、分析モデルのストックフローモデルは次のように回答しています。

分析モデルのビットコインの今後に対する見解

1BTC=10万ドルを超える。

さらに、2025年には1BT=100万ドルを超えるとの予想も示しています。

 

【専門家】のビットコインの今後を予想

ビットコインの取引における著名人・専門家は、今後のビットコインについてどのように述べているのでしょうか。

 

一度下落したビットコインですが、どんどん価格の上昇を見せており、長期保有者も一定数いることから今後も需要が増加する可能性を指摘しています。

 

ビットコインが暴落する注意点・リスク

ビットコインを今すぐ購入したいけど、今後暴落するリスクを考えると躊躇してしまう…。

去年5月の急激な暴落を経験している人はもちろん、ニュースでチェックされた方もビットコインの暴落リスクを承知しているでしょう。

ビットコイン取引に踏み出す前に、あらためてビットコインの注意点について説明します。

ビットコインが暴落するリスク

  • ビットコインが暴落するリスク:①中国の規制
  • ビットコインが暴落するリスク:②大量売却

 

ビットコインが暴落するリスク:①中国の規制

ビットコインなど仮想通貨は暴落のリスクが常にあるため、投資したら大きな損失を伴う可能性を知っておくべきです。

損失リスクからユーザーを保護するために、国で法規制を実施しているところもあります。

たとえば、中国は仮想通貨に対して否定的な見解を貫いており去年5月に規制を強化したのが暴落の大きな原因となりました。

現在は次のような仮想通貨関連サービスを禁じています。

中国が明確に禁じている仮想通貨関連サービス

  • 仮想通貨の受け入れ・決済の手段に利用すること
  • 仮想通貨を法定通貨と交換する
  • 貯蓄・信託・担保に仮想通貨を利用する
  • 投資信託に仮想通貨を利用する

中国当局の仮想通貨に対する否定的な見方が揺るがない状況が続く中、ビットコインの価格相場にさらなる影響を及ぼさないか注意する必要があるでしょう。

 

ビットコインが暴落するリスク:②大量売却

ビットコイン市場はFXや株に比べると規模が少ないため、ビットコインの大量売却が起きると一気に価格下落が起こります

実際、去年5月にはビットコインの大量売却により約700万円から320万円程度に大暴落した記録も残っているので注意しましょう。

 

ビットコイン・仮想通貨のおすすめ取引所TOP3

ビットコインのおすすめ取引所について、もっと詳しく知りたい。ビットコインを購入するなら、どこの取引所を使ったらいいのかな。

実際に、ビットコインを購入したいと思ったら安心できる取引所を探しましょう。

 

ビットコイン取引所の選び方

  • セキュリティ対策がしっかりされている
  • 仮想通貨初心者にも使いやすい
  • 手数料が安い

せっかく購入したビットコインで利益を出すどころか、危険が及びかねない低セキュリティな取引所は避けましょう。

長期的に見て、利益を最大化するためには使いやすくて手数料が安い取引所がおすすめです。

おすすめのビットコイン取引所

  • コインチェック
  • bitFlyer
  • フォビジャパン
取引所 おすすめポイント
コインチェック 親会社はマネックスグループ
取引手数料・入金手数料が無料
使いやすいスマホアプリ導入
bitFlyer ビットコイン取引実績国内No.1*
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
フォビジャパン

取引所(板取引)の取扱銘柄・通貨ペアが豊富
少額から始められる
フォビトークンを持っていると取引手数料が安くなる

 

ビットコイン・仮想通貨のおすすめ①:コインチェック

 

おすすめの仮想通貨取引所第1位は、2021年10月現在で国内の取扱銘柄数No.1、アプリダウンロード数No.1のコインチェックです。

最低取引額 レバレッジ取引
500円相当
取引手数料 送金手数料
無料 変動制手数料
入金手数料 出金手数料
銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
407円

コインチェックは、レバレッジ取引がなく取引手数料もかなり抑えられていることから、初心者が始めやすい仮想通貨取引所であるといえます。

取り扱い通貨数(販売所)

  • 17通貨:BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT

取り扱い通貨数(取引所)

  • 5通貨:BTC,ETC,FCT,MONA,PLT

取り扱い通貨数も、国内最多の17種類を取り扱っています。

また、日本円の入金も銀行振込(無料)でおこなえるので、換金する手間や手数料がかからず使い勝手も抜群です。

» コインチェックの公式サイト

 

ビットコイン・仮想通貨のおすすめ②:bitFlyer

おすすめの仮想通貨取引所第2位は、ビットコイン(BTC)流通量が国内No.1*のビットフライヤーです。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最低取引額 レバレッジ取引
販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
2倍
取引手数料 送金手数料
販売所:無料※別途スプレッドあり
取引所:約定数量 ×0.01~0.15%
BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料
入金手数料 出金手数料
銀行振込:無料
クイック入金
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
220~770円

取り扱い通貨数(販売所)

  • 15通貨:BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK,XYM

取り扱い通貨数(取引所)

  • 6通貨:BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM

利用者が多く相場が比較的安定しており、人気のある15種類の銘柄が1円から購入できます。

全通貨の売買手数料やビットコインFXの取引手数料も無料です。

» bitFlyerの公式サイト

 

ビットコイン・仮想通貨のおすすめ②:Huobi Japan

 

おすすめの仮想通貨取引所第3位は、中国の大手仮想通貨取引所Huobiグループが手がける日本法人の仮想通貨取引所Huobi Japanです。

Huobiグループは中国、日本、韓国、イギリス、オーストラリアなど様々な国で仮想通貨事業を展開しており、その中でも「Huobi Global」は取引高で世界のトップ3に入るほどの需要と人気があります。

最低取引額 レバレッジ取引
販売所:0.0005BTC
取引所:0.00001BTC
2倍
取引手数料 送金手数料
販売所:無料
取引所:約定数量 ×0~0.20%
BTC:0.0005BTC
ETH:0.007ETH
XRP:0.10XRP
入金手数料 出金手数料
銀行振込:振込手数料
クイック入金:振込手数料お客様負担
コンビニ入金:振込手数料お客様負担
330円

取り扱い通貨数(販売所)

  • 20通貨:BTC,XRP,ETH,XLM,LTC,BCH,LSK,DOT,XYM,HT,ADA,COT,ENJ,IOST,BSV,TRX,JASMY,QTUM,OMG,ONT

取り扱い通貨数(取引所)

  • 23通貨:BTC,XRP,ETH,XLM,LTC,BCH,LSK,DOT,XYM,HT,ADA,COT,ENJ,IOST,BSV,TRX,JASMY,QTUM,OMG,ONT,MONA,XEM,BAT

セキュリティや取引ツールの性能などはHuobiグループが培ってきた高い技術力によって構築されており、取扱銘柄の選定やレバレッジ倍率、消費者保護の仕組みなどはすべて日本の法律に基づいて運営されています。

» Huobi Japanの公式サイト

 

仮想通貨でおすすめの銘柄・取引所の選び方

【9月最新】仮想通貨おすすめ銘柄・取引所ランキング|将来性が今から期待できる銘柄の選び方

 

-仮想通貨

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ