BINANCE(バイナンス)空売りの仕組みとやり方を徹底解説!

BINANCEでは価格が下落した時にも利益が出せるって本当?
空売りの仕組みややり方について教えてほしい!

このようにお考えではありませんか?

一般的な仮想通貨取引では、価格が上昇すると利益が、下落すると損失が発生します。

しかし、空売りができれば相場が下落したときにも利益を出せるため、一般的な取引よりも効率的に稼ぐことが可能です。

そして、世界トップクラスの人気を誇るBINANCEでも空売りはできます。

そこで今回は、空売りの仕組みやメリット、BINANCEでの空売りのやり方について解説します。

この記事を読めば、初心者も空売りで効率的に利益を出せるようになりますよ!

空売りとは?

  • 空売り(ショート) = 先に売って後で買い戻す
  • 空売りは仮想通貨相場の下降で利益を得る取引方法
  • 最初に証拠金を預ける必要がある
  • BINANCEで空売りできるのは「マージントレード」と「先物取引」
  • ただし、マージントレードは借入扱いとなるため利子がかかる
  • 空売りは現物取引に比べて損失が出やすいので要注意
  • 慣れるまでは慎重に取引することが大切

→ BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

 

そもそも「空売り」とは?

空売りとは、仮想通貨の保有有無にかかわらず売り注文をすることです。

一般的な取引の場合、売り注文をする際には「売る分の仮想通貨」を保有している必要があります。

しかし空売りの場合は、先に証拠金を預けることで、仮想通貨を保有していなくても売り注文が出せるようになるのです。

具体的には「先に売ってあとで買い戻す」というイメージになり、仮想通貨の価格が下落したタイミングで買い戻すようになります。

ポイント

たとえば、1BTC = 500万円のときに1BTC分の空売りをしたとしましょう。

その後、BTCの価格が1BTC = 460万円になったタイミングで買い戻した場合、差額である40万円が利益となります。

また、仮想通貨取引ではロングショートといった用語がよく使われますが、ロングは買い注文、ショートは空売りを意味します。

  • ロング・・・買い注文
  • ショート・・・空売り

いずれも証拠金を使用した取引で使用される用語で、現物取引では使われないので覚えておきましょう。

 

空売りのメリット

「仮想通貨を持っていないのに、売り注文なんかして大丈夫なの!?」

と心配になるかもしれませんが、空売りは各取引所で認められている取引方法なので、まったく問題はありません。

それどころか、空売りには大きなメリットがあります。

それは、効率的に利益を出せるということです。

たとえば、一般的な取引では相場が下落すると損失になるため、利益を出すには相場が上がるのを待つしかありません。

これに対し、空売りは相場の下落が利益になるので、

  • 相場が上がるとき・・・買い注文
  • 相場が下がるとき・・・空売り

とうまく使い分けることで、一般的な取引よりも効率的に利益を出すことができます。

 

BINANCE(バイナンス)は空売りに最適な取引所

 

空売りができる取引所はたくさんありますが、その中でもBINANCEは空売りに最適な取引所だといえます。

その理由は以下の3つです。

BINANCEがおすすめな理由

  1. 日本語対応
  2. レバレッジが利用できる
  3. 追証なし・ゼロカットシステム

理由1. 日本語対応

BINANCEは海外取引所ですが、日本語に対応しています。

そのため、英語が苦手な人をはじめ、私たち日本人にとっても非常に使いやすい取引所といえるでしょう。

また、不明点などはFAQページで確認することもできるので、国内取引所と同じ感覚で利用することが可能です。

 

理由2. レバレッジが利用できる

BINANCEでは、空売りでレバレッジを利用することができます。

最大レバレッジはクロスマージンで3倍分離マージンで10倍とやや低めですが、これだけでもかなり効率的。

逆に、レバレッジが大きいほど損失も出やすくなりますから、初めて空売りする人にはこれくらいのレバレッジが丁度いいでしょう。

 

理由3. 追証なし・ゼロカットシステム

BINANCEには追証がないため、取引の途中で追加証拠金を請求されることがありません。

また、ゼロカットシステムを採用しているので、どんなに損失が大きくなってしまったとしても、損失が証拠金を上回ることがないのです。

つまり、借金のリスクがないということ。

これなら、初めてでも安心して空売りにチャレンジできますよね!

 

BINANCE(バイナンス)のマージントレードで空売りをする方法

 

マージントレードでは、専用ウォレットへ担保となる証拠金を預けたら、借入をして取引を行います。

マージントレード用ウォレットへ振替 → 資金の借入 → 売り注文

step
1
ログイン

マージン空売り

BINANCEへログインし、画面上部にある「トレード」にカーソルを合わせます。

その後、出てきたメニューから「マージントレード」を選択。

step
2
マージン口座への振替

マージン口座への振替

こちらがマージントレードの取引画面。

画面中央にあるチャート画面の下が注文画面になります

ちょっと分かりづらいですが、取引画面の上部にある「担保の振替」をクリックします。

担保の振替

するとこんな画面が出てくるので、振替先の口座で「クロスマージンもしくは分離マージン」を選択してください。

その後、振替する通貨と金額を入力し、最後に「確認」をクリック。

step
3
借入申請

借入申請

マージン口座への資金振替が完了したら、今後は借入申請を行います。

注文画面右側(売却側)にある「借入をクリックします。

マージン4

借入(空売り)したい通貨金額を入力したら、「借入承認」をクリックしてください。

step
4
注文内容の入力

注文内容の入力

借入が承認されれば、あとは売り注文を出すだけです。

マージン取引方法を選択したら、注文方法に沿って数量・金額を入力し、最後に「マージン売却〇〇」をクリックすれば注文完了です。

注意ポイント

ちなみに、ポジションを決済する際は「返済」の申請をしてから買い注文を出すようになります。

注文内容の入力 2

BINANCE空売り8

 

BINANCE(バイナンス)の先物取引で空売りをする方法

 

先物取引では、専用ウォレットへ担保となる証拠金を預けてから取引を行います。

ポイント

先物ウォレットへ振替 →  売り注文

 

先物ウォレットへの振替方法

step
1
ウォレットの表示

振替

ログイン後、画面右上にある「ウォレット」にカーソルを合わせ、出てきたメニューから「フィアットと現物を選択します。

step
2
資金移動画面の表示

振替

ウォレット画面を開いたら、画面右上の「振替」をクリック。

step
3
移動内容の入力

振替2

するとこのような画面が表示されるので、振替先の口座振替する通貨数量を選択・入力してください。

内容に間違いがなければ、そのまま「確認」をクリックして資金移動を完了させましょう。

 

空売り注文の方法

step
1
取引画面の表示

取引画面の表示

ログイン後、画面上部にある「デリバティブ」にカーソルを合わせ、出てきたメニューから「USDⓈ-M 先物(もしくはCOIN-M 先物)」を選択します。

*ここでは、USDSM 先物を選択していきます。

step
2
通貨ペアの選択

通貨ペアの選択

先物の取引画面を開いたら、画面左上で取引したい通貨ペアを選択しましょう。

ちなみに、画面右側が注文画面になります。

step
3
注文内容の入力

先物空売り

続いて注文内容を入力していきます。

上からマージン・レバレッジ、注文方法、価格、合計金額を入力し、必要に応じてオプションを設定します。

最後に「売却/ショート」をクリックしればOKです。

注文方法は全部で7種類あり、「▼」をクリックするとすべての注文方法が選択可能となります。

注文方法

 

また、レバレッジマージンは自由に設定が可能です。

 

マージン

 

BINANCE(バイナンス)で空売りする際の注意点

 

BINANCEの空売りはメリットが満載ですが、事前に知っておくべき注意点もあります。

注意ポイント

  1. 利子が発生する
  2. 下降スピードが速い
  3. 現物取引よりも損失が出やすい

 

注意1. 利子が発生する

BINANCEで空売りをすると、1時間ごとに利子が発生します。

BINANCE空売り10

借入申請画面にも記載されていますが、ビットコインは1時間0.00125%となり、利子は取引する通貨とVIPレベルによって異なります。

各通貨の利子はこちらで確認できるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

注意2. 下降スピードが速い

空売りは相場の下落で利益を得る手法になりますが、仮想通貨の相場は上昇よりも下降のスピードの方が速いです。

これは仮想通貨の特性でもあり、相場の上昇スピードがエスカレーターだとしたら、下降スピードはエレベーターになります。

ロングポジションに比べてタイミングが取りにくくなるので、慎重に取引することが大切です。

注意3. 現物取引よりも損失が出やすい

BINANCEのマージントレード・先物取引ではレバレッジが利用できますが、レバレッジが大きいほど損失も出やすくなります。

レバレッジを使わずに空売りしたとしても、下降スピードが速いので現物取引よりもリスクは高めです。

また、BINANCEはゼロカットシステムを採用しているため借金のリスクこそないものの、損失が証拠金維持率に達すれば強制ロスカットになり、証拠金を含む全ての資金が失われます。

 

BINANCE(バイナンス)の空売りまとめ

 

空売りは「先に売って後で買い戻す」という取引で、仮想通貨相場の下落で利益が発生します。

そのため、買い注文と空売りをうまく使い分ければ、相場の上昇と下降の両方で利益を出すことが可能です。

また、初めての空売りにはBINANCEがおすすめです。

BINANCEは日本語対応であるほか、最大レバレッジ10倍追証なしゼロカットシステム採用といったメリットが満載。

ただし、仮想通貨相場は上昇よりも下降スピードの方が速く、レバレッジを利用すればより損失が出やすくなるので、慎重に取引することが大切です。

さらに、1時間ごとに利子が発生するので、ルールをしっかりと理解してから取引するようにしましょう!

まとめメモ

  • 空売り(ショート) = 先に売って後で買い戻す
  • 空売りは仮想通貨相場の下降で利益を得る取引方法
  • 最初に証拠金を預ける必要がある
  • BINANCEで空売りできるのは「マージントレード」と「先物取引」
  • ただし、マージントレードは借入扱いとなるため利子がかかる
  • 空売りは現物取引に比べて損失が出やすいので要注意
  • 慣れるまでは慎重に取引することが大

→ BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

-BINANCE

error: コンテンツは保護されています

© 2022 人生を豊かにブログ